アスペルガーで6歳の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーで6歳の特徴」についてお話します。

 

6歳児アスペルガー症候群の特徴

 

アスペルガー症候群は言葉の発達は正常であるが、
コミュニケーションや対人関係に障害を持つ発達障害の1つです。

 

自閉症と違って、軽度であったり
知的には正常なのだからといって診察を受けずに
見過ごしされてしまうことの多い障害です。

 

本人は過ごしにくい環境で、堅苦しい思いをしながら
生活していることが多くあります。

 

特に小さな子供では健常児との
境界があいまいである部分もあり、
極度でなければ

 

「その子の性格」

 

として片づけられてしまうことさえあるため、
注意が必要です。

 

その子の将来のためにも、正しい診断を受け、
療育やリハビリを受けられた方が
良い結果につながると考えられます。

 

6歳児ともなれば友人ができ、
集団で遊ぶことも増えてきます。

 

アスペルガー症候群の子は集団行動が苦手で、
友達同士で言いある軽い冗談やからかいも真に受けてしまったり、

 

人を傷つけるほど正直なものの言い方を
してしまうことが多くあります。

 

そのため、集団の輪に入れず孤立してしまったり、
一人で遊ぶことを好むようになることもあります。

 

6歳児アスペルガー症候群の生活で注意したいこと

スポンサーリンク

6歳と言えば小学校の入学ですよね。

 

幼稚園や保育園を卒業し、
小学校に通うことは子供にとって大きな変化となります。

 

教室で座って授業を受ける、教室移動や授業での集団行動、
子ども同士の人間関係の変化など、

 

アスペルガー症候群の子にとっては、
生活に支障が出たり、ストレスを感じることが多くなります。

 

そのため、大人も注意して見守ったり、
対応を考える必要が出てくるでしょう。

 

また、子どもによっては算数は良くできても、
他の教科は全くついていけない、

 

といった特徴が現れることがありますので、
いくら知的には健常者といっても油断せずにいましょう。

 

もし、不得意な科目が現れたら補修をお願いしたり、
家庭学習を多くするなどの対策が必要です。

 

また、朝から決まったスケジュールでの行動が出来ても、
急に時間割が変更になったり、

 

イレギュラーなイベントがあると
パニックになってしまうこともあります。

 

・・・というわけで、このカテゴリーの記事を読んで、
あなたもアスペルガーの特徴で「年齢」関係について
お勉強して下さいね。

スポンサーリンク

アスペルガーで6歳の特徴とは?記事一覧

ここでは、「アスペルガーの特徴で0歳」についてお話します。アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴とは?アスペルガー症候群とは、知的また言語発達に遅れを伴わない発達障害の1つで、コミュニケーション能力に障害があることが特徴です。「アスペルガー症候群 診断 テスト 幼児」でも紹介した通り、幼いころにアスペルガー症候群の子と健常児を見分けることは非常に難しいことが知られています。特に0歳や1歳といった赤ちゃ...

ここでは、「アスペルガーの特徴で2歳」について解説致します。生まれたとき身長は約50cm、体重は約3kgだった赤ちゃんも、2歳になる頃には身長は生まれた時の約1.7倍、体重は4倍くらいになります。このことは、アスペルガーの子どもも同じです。定型発達の2歳の子どもの特徴は?1.言葉の面「まんま」「ジュース」と単語だけの1語文から「まんま食べる」「ジュース飲む」といった2語文になる子が増えてきます。ま...

ここでは、「アスペルガーの3歳の特徴」について解説致します。子どもが3歳になると、多くの親は幼児教育を始めます。幼稚園や保育園(母親が働いている場合すでに利用しているかも知れません。)そこでの一番の出来事は「家族ではない同世代の人との関わり」です。また、3歳頃になると、成長のスピードがだんだん緩やかになってきます。身長の方が体重に比べると伸び率は大きくなってきます。平均的に身長は90〜92cmくら...