アスペルガーの歩き方の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの歩き方の特徴」についてお話します。

 

アスペルガー症候群に特徴的な歩き方

 

アスペルガー症候群の人には指が短かったり、
鼻が低いなどの共通した身体的な特徴はありません。

 

しかし、アスペルガー症候群は特徴的な
歩き方をするという説があります。

 

その特徴的な歩き方とは、猫背だったり、
手足の動きが連動していないぎこちない動きです。

 

「ロボットのような動き」

 

ともいわれる
アスペルガー症候群に特徴的な歩き方は、
多くのアスペルガー症候群の人に共通していますが、

 

健常者にも歩き方に特徴があったり、
足に障害を持っている人もいるため、

 

歩き方だけでアスペルガー症候群を
診断することはできません。

 

姿勢が悪かったり、動きがぎこちないことは
アスペルガー症候群の人の運動能力が
健常者よりも劣るためとされていますが、

 

なぜそのようになってしまうのでしょうか?
次にその理由を紹介します。

 

アスペルガー症候群の人は運動音痴?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は姿勢が悪かったり、
歩き方がぎこちない傾向が強いと知られています。

 

それにはアスペルガー症候群の人が
自分の体の動きをコントロールするのが
苦手であることが関係しています。

 

私たちは視覚をメインに、
聴覚や触覚によって自分が空間のどの位置にあって、
どのような動きをしているかを把握することが出来ます。

 

その情報に従って、次にする体の動きを決め、
実際に体を動かすのですが、

 

アスペルガー症候群の人はその一連の
情報処理をスムーズに行うことが出来ません。

 

実はアスペルガー症候群の人は
敏感な感覚を持っているため、
外部の情報をうまく処理できず、

 

結果として体のコントロールが
上手く出来なくなってしまうのです。

 

また、スポーツをするときには
ルールの理解やチームの中での役割など、

 

ありとあらゆる情報が頭の中であふれかえってしまい、
うまく体が動かないという状態に陥っています。

 

スポーツの場合は事前にルールや
目標とする体の動きを写真や絵、
ビデオで見ておくと徐々に動きが

 

改善されてくるケースもありますので、
あきらめずに目標があるときは
地道に練習することが大切です。

スポンサーリンク