アスペルガーの話し方の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの話し方の特徴」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の障害を持つ人の話し方

 

アスペルガー症候群は知的、
そして言葉の発達の遅れを伴わない発達障害の1つです。

 

主な症状としてはコミュニケーションをとることが苦手で、
相手の気持ちを想像したり、
言葉の裏の意味を読み取ることが出来ません。

 

具体的には、その場の空気に合わせた話し方や、
タブーな話題などを気にせず話してしまうことがあります。

 

また、正直すぎる感想(料理がおいしくないなど)を言ってしまい、
周りが気まずい空気になってしまっても
本人はお構いなし、なんていうこともあります。

 

お世辞を言ったり、謙遜するということも苦手ですので、
目上の立場の人と話すときは周りが
ヒヤヒヤしてしまうということも起こります。

 

その他には自分の興味のあることばかり話してしまい、
話し相手が聞いているかは関係なく、

 

延々と同じ話をしてしまうこともあり、
相手を困惑させてしまいます。

 

気に入った言葉を多用することがあり、
聞いている方としては、ちょっと不自然で
独特なしゃべり方をする人だな、と感じるでしょう。

 

特に幼いころは意味も分からずに気に入った言葉
(新しい言葉や、かっこいいと思う言葉)を
繰り返し使う傾向が強くあらわれます。

 

アスペルガー症候群の人と話す時のポイント

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は
あいまいな表現や比喩的な表現を
理解することが出来ません。

 

はっきりと伝えたい内容をまとめて
言葉にする必要があります。

 

例えば、

 

「〜してくれたら助かるんだけど・・・」

 

という言い方はよく使われるのですが、
アスペルガー症候群の人には
伝わりにくい表現であるといえます。

 

この場合、

 

「〜してください」

 

と、時には指示するように
自分の意思を伝える必要があります。

 

健常者同士では、ちょっとストレートすぎるかな、
と思うくらい簡潔でないと、
アスペルガー症候群の人は困惑してしまいます。

 

あいまいな言い方でお互い理解できないより、
ストレートな対話を心がけましょう。

 

また、アスペルガー症候群の人は
表情を読み取ることを苦手とする人が多いので、

 

表情で察してくれ、と思っても通じないので
伝える側も円滑なコミュニケーションをとる工夫をしましょう。

スポンサーリンク