アスペルガーとの接し方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーとの接し方」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人への接し方で気を付けること

 

アスペルガー症候群とは、
知的障害を伴わない自閉症であると分類されています。

 

臨床的には大きく区別はされていませんが、
生活の中での対応は異なるところがあります。

 

一見、健康で障害がない人に見られてしまう
アスペルガー症候群の障害者を持つ人は
生活の中で生きづらさを感じてしまうことがあります。

 

そのストレスは周囲の人の対応で大きく軽減が出来るのです。

 

また、大人と子どもでアスペルガー症候群から
現れる症状は少し変わってきますが、
どちらもコミュニケーションの取り方を工夫する必要があるでしょう。

 

特に、言葉選びに気を付け、比ゆ的な表現を避けること、
意味を含めたような言い方はしないことが、

 

アスペルガー症候群の障害を持つ人と
コミュニケーションを取るときのポイントです。

 

アスペルガー症候群の子どもに対する接し方

 

「アスペルガー症候群 診断 テスト 幼児」で紹介した通り、
実はアスペルガー症候群の子どもは

 

健常児との差がはっきりしないことが多く、
診断が難しいという特徴があります。

 

病院で診断を受けなかったとしても、
親が

 

「この子はちょっと変わっているな」

 

と感じたら、
また年齢が上がった時に再診を受けることをお勧めします。

 

特に小学校に上がる前など、
生活環境が変わったり新しい集団へ入るときに、
子どもは強いストレスを感じてしまいます。

 

また、幼児はストレートな物言いをするものですが、
アスペルガー症候群の子は相手が傷つくようなことでも
悪気無く言ってしまいます。

スポンサーリンク

例えば、友達の事を

 

「太ってる」

 

とストレートに言ってしまい、
相手を怒らせてしまうようなことも起こります。

 

そのような場合は、

 

「そんなこと言ったらだめでしょ」

 

と注意しても理解できません。
そんな時は、

 

「太っていると言われたらお友達は悲しいから言わないでね」

 

と、相手の感情も交えて状況を説明するように注意すると
理解してくれるようになります。

 

アスペルガー症候群の大人に対する接し方

 

大人になって仕事をしていると
コミュニケーション障害はもちろんなのですが、
もう一つアスペルガー症候群の症状の1つで顕著になる症状があります。

 

それは、予期していなかったことに対する
臨機応変な対応がをとることが難しいことです。

 

アスペルガー症候群の人はルーティンワークには
強靭な集中力で挑めるのですが、

 

唐突に起きたアクシデントや予定の変更に
パニックを起こしてしまうことがあります。

 

そのため、会社で仕事をしている場合では、
予定の変更がある場合は周囲の人に事前に
伝えてもらえるようにするなどの対策が必要となります。

 

・・・というわけで、このカテゴリーの記事を読んで、
あなたもアスペルガーの「その他」関係について
お勉強して下さいね。

スポンサーリンク

アスペルガーとの接し方とは?記事一覧

ここでは、「アスペルガー患者が嘘をつくのか?」という疑問にお答えします。アスペルガーは嘘はつくの?結論から言います。基本的に、アスペルガー症候群や他の発達障害の人は嘘をつきません。そもそもつけません。もしかりに嘘をついてもすぐにバレてしまいます。なぜなら、アスペルガーの患者は他人の行動や思考、言動を汲み取るのが苦手なように、自分の表情や言動をコントロールするのが苦手だからです。この場合、無表情で何...

ここでは、「アスペルガーは反省しないのか」についてお話します。アスペルガー症候群の人は反省しない?アスペルガー症候群とは知的に正常でも、コミュニケーションに障害がある発達障害です。コミュニケーションの障害とは、質問に適切に答えられなかったり、相手の表情や場の空気が読めない、言葉に関する想像力が少ないために言葉をそのまま受け止めてしまう、といったことが挙げられます。そのため、職場や家庭でアスペルガー...

ここでは、「アスペルガーは手先が不器用なのか」についてお話します。アスペルガー症候群の人は手先が不器用?アスペルガー症候群の人は手先が不器用であることが知られています。例えば、お箸でキレイにご飯が食べられなかったり、靴紐が結べない人が多い傾向があります。絵のうまさは個人差が大きく、アスペルガー症候群の人は独特の美的センスを持っている人もいます。しかし、鉛筆を持つことが上手くいかずに、字が下手である...

ここでは、「アスペルガーの服装は派手じゃないのか」についてお話します。アスペルガー症候群の人は服装に特徴がある?アスペルガー症候群は服装に特徴が現れると知られています。その特徴が一番目立ってしまう場面は、TPOに合わせた服装が出来ていないときです。アスペルガー症候群の人は、一般常識よりも自分の好きな格好を優先させてしまうことがあり、スーツで出席しなければいけない場所でもいつも通りのジーンズで現れて...

ここでは、「アスペルガーの遺伝の確率」についてお話します。アスペルガー症候群は遺伝する?アスペルガー症候群が遺伝するか否かは、長い間議論され、たくさんの研究がされてきました。その結果、アスペルガー症候群の発症には遺伝的要素も関係していると結論付けられています。しかし、100%遺伝するものではありませんし、親近者にアスペルガー症候群の人がいない場合でも、発症することがあります。もちろん親が発達障害で...

ここでは、「アスペルガーの割合」についてお話します。アスペルガー症候群の人は人口の何パーセント?アスペルガー症候群の人の割合は「100人から300人に1人」の割合とされています。しかし、この数字は診断を受けている人の割合で、軽度のため診察を受けていなかったり、精神疾患と誤診されている人を含めればもっと多くの人はアスペルガー症候群と発覚する可能性もあります。加えて、最近明らかになってきたことですが、...

ここでは、「アスペルガー症候群で受動型」についてお話します。アスペルガー症候群の受動型とは?アスペルガー症候群の受動型は、アスペルガー症候群の中でも発見されにくいタイプの障害です。アスペルガー症候群の特徴である他者への関心の無さとは反対の特徴を持ち、集団に馴染もうと必死に空気を読むタイプです。受動型の人は、アスペルガー症候群の特徴である言葉の裏を読むなどの想像する力には乏しい反面、社会性はあり、コ...

ここでは、「アスペルガー症候群は自覚できるのか」についてお話します。アスペルガー症候群に自覚することはあるの?アスペルガー症候群は言葉の発達や知的障害がないために、幼いころに気が付かれないケースがあります。幼少時には周囲の子供とあまり差がなくても、小学校入学や思春期に差し掛かるころ、社会性に欠如していたり、空気が読めない行動や言動をとってしまうということが現れ始めます。しかし、知的に障害がないこと...

ここでは、「アスペルガー症候群が上司の時はどうするのか」についてお話します。コミュニケーションがとれない上司はアスペルガー症候群かもしれない?アスペルガー症候群は言葉の発達や知的に障害が無いけれども、コミュニケーションや想像力に欠如している発達障害です。コミュニケーションの能力に障害があるといっても、そのレベルは千差万別で、軽度から重度までいろいろな人がいます。そのため、軽度の人は個性的ととらえら...

ここでは、「軽度のアスペルガーの特徴」についてお話します。実際に病気とまではいかなくとも、その気質や性質に似ている部分があるかもれません。その場合、二次疾患や人付き合いなどの社会生活に支障を来す可能性があるため、早めに診療内科等へ受診する必要がでてきます。軽度のアスペルガー症候群患者に見られる兆候とは?まず知っておいてもらいたいのは、アスペルガー症候群という病気は、軽度であってもその症状が幅広く、...

ここでは、「広汎性発達障害のアスペルガーの原因」についてお話します。広汎性発達障害(PDD)とは?広汎性発達障害とは、広い範囲の発達障害をひとくくりにした呼び名で、障害のグループの名称です。例えば、感染症という病気のグループには、インフルエンザやはしかといった病気が含まれます。それと同じように広汎性発達障害には自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児崩壊性障害などと様々な障害が含まれるのです...

ここでは、「アスペルガー症候群診断テストが絵で分かるのか」についてお話します。アスペルガー症候群か診断できる絵がある?アスペルガー症候群は知的・言語的な発達は正常ですが、コミュニケーション力・社会性想像力に欠如がある発達障害です。アスペルガー症候群の人が持っている障害は、自閉症の人と同じと考えてよいでしょう。ただし、自閉症では言語発達に大きな遅れがあることが一般的です。では、アスペルガー症候群の人...

ここでは、「アスペルガー症候群対応の学校」についてお話します。アスペルガー症候群の子が学校で起こしやすいトラブルアスペルガー症候群とは、社会性、コミュニケーション、想像力の3つに障害があることが知られています。発達障害は3歳ごろから診断できることが多く、一般的には幼児の定期検診や幼稚園・保育園での園生活に支障が出ることで明らかになります。発達障害を持つ子が小学校に上がるとどのような生活になるのでし...

ここでは、「アスペルガーの治療で病院は東京のどこなのか」についてお話します。発達障害を治療できる病院は少ない?子どもの発達障害であれば、療育センターがありますが、成人の発達障害は治療できる病院が限られてきます。昔から対人関係が無意識にうまくいかなかったり、物事が同時に進められないなど、生活に支障が出ており、その原因が発達障害ではないかと疑う人が増えています。アスペルガー症候群の認知度が上り、現在は...

ここでは、「アスペルガーの治療で病院は大阪のどこなのか」についてお話します。発達障害を治療できる病院は関西にもある?日本では、全国的に発達障害を専門に診察してくれる病院の数は非常に限られています。この事実は以前別項の「アスペルガー 治療 病院 東京」でもお話しました。特に子供よりも、大人での受診は受け付けている医療機関が極端に少ないことから、そういった病院へ県外からも予約が殺到し、予約を取ることす...