アスペルガーの仕事で向いている職業とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの仕事で向いている職業」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人に向いている仕事

 

アスペルガー症候群の人は対人関係を築いて
コミュニケーションをとることが苦手です。

 

一方、好きなことや興味のあることに熱中すると
異常なまでの集中力を発揮することがあり、

 

一般の人ではできない繰り返し作業など、
才能を発揮できる環境では
大活躍できる可能性を秘めているのです。

 

アスペルガー症候群の人が向いている、
または実際に就業している仕事を次に紹介します。

 

・研究者や学者

 

・作家、カメラマン、漫画家、デザイナー

 

・プログラマー、Webデザイナー、システムエンジニア

 

・歯科技工士、調理師、電気技師

 

やはりチームで行う仕事よりも、
個人で作業する時間が長い職業のほうが向いているでしょう。

 

全体の傾向としては、技術者として
活躍する人が多い傾向が強いです。

 

自分の特性をよく理解し、向いている職業を
見つけることが出来れば長続きしますし、
自立した生活が出来ます。

スポンサーリンク

ただどんな職業でもある程度の
コミュニケーションは必要となりますので、
完全に作業だけに没頭して済むということではありません。

 

本人もそのあたりは努力する必要があることを念頭に置いて、
周りもなるべくサポートできる環境を整えられると良いでしょう。

 

アスペルガー症候群の人が仕事で気を付けること

 

アスペルガー症候群の人は
技術者として能力を発揮し、活躍できることが多いです。

 

その一方、コミュニケーションの障害では苦労したり、
複数の作業を同時に進めること、
緊急の場合の対応などにパニックになってしまうことがあります。

 

そのため、周囲もアスペルガー症候群の人が
そのような臨機応変な対応を求められる状況に

 

置かれないよう、なるべく配慮したり、
サポート役になる人を付けたりする対応が必要になります。

 

また、アスペルガー症候群である本人も、
自分が出来ることと出来ないことをよく理解し、

 

周囲に助けを求めたりする対処法を事前に
決めておくと気持ちが楽になるでしょう。

 

出来ないと思っていても徐々に
できるようになっていくことが多くあります。

 

一度の失敗で気を落とさずに
前向きに仕事に取り込むことが大切です。

 

・・・というわけで、このカテゴリーの記事を読んで、
あなたもアスペルガーの「仕事」関係について
お勉強して下さいね。

スポンサーリンク

アスペルガーの仕事で向いている職業とは?記事一覧

ここでは、「アスペルガーの特徴で仕事は何が適職なのか」についてお話します。アスペルガー症候群の人が特徴を生かせる仕事アスペルガー症候群の人はチームで行う仕事よりも、個人で行う仕事の方がその特徴を生かして活躍できる可能性が高くなることは、「アスペルガー 仕事 向いている」でもご紹介しました。アスペルガー症候群はコミュニケーションや社会性の障害がありますがその程度によって、ルールや伝え方への工夫があれ...

ここでは、「アスペルガーがプログラマー向きとは本当なのか」についてお話します。アスペルガー症候群の人はプログラマーに向いている?アスペルガー症候群はコミュニケーションに障害の現れる発達障害です。一般的に、知的・言語的に遅れは見られないと知られていますが、場合によっては教科により学力に大きな差が現れる人もいます。そのため、バランスのとれた技量のいる職種よりも、何かの分野に突出した能力が必要な専門職が...

ここでは、「アスペルガーの特徴で大人の仕事」についてお話します。アスペルガー症候群の特徴が仕事でトラブルを起こしやすい?アスペルガー症候群は対人関係を築くことが苦手なため、仕事で困難に直面することがあります。このことに関しては以前「アスペルガー 仕事 成功」でもお話しました。どんな職業でもある程度のコミュニケーションは必要となります。特に仕事上の連絡は必要不可欠なものなので、それが上手くいかないと...

ここでは、「アスペルガーが仕事で成功するためには?」についてお話します。アスペルガー症候群の人が仕事で成功するには?アスペルガー症候群の人が向いている職業は専門職に多いです。この件に関しては、以前別項の「アスペルガー 仕事 向いている」でもお話しました。では、会社で働けないのかというと、そうではありません。アスペルガー症候群は個人個人でその症状に違いがあるため、ある程度のコミュニケーションが取れ、...

ここでは、「アスペルガーの就職率が低い原因」についてお話します。アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)は、知的障害のない自閉症(自閉症スペクトラム)です。知的障害がないために小学校、中学校はほとんどの場合普通学級で学び、さらに高等教育(高等学校、専門学校、大学)を受けた後社会へ出て行きます。しかし、就職活動をして実際に就職できる人は約25%です。アスペルガー症候群の就職率の低さの原因とは?アスペ...

ここでは、「アスペルガーの仕事でミスの特徴」についてお話します。アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラムの中で知的障害のないタイプです。脳の器質的な特性による先天的な障害で、ウィングの三つ組(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)を持ちます。「アスペルガー 特徴 大人 仕事」でもお話しましたが、アスペルガー症候群の人たちには、定型発達の人にはまねの出来ない素晴...

ここでは、「アスペルガーの仕事が続かない理由」についてお話します。アスペルガー症候群は現在「自閉症スペクトラム」と言われていますが、知的障害のない自閉症のことです。自閉症なので「ウィングの三つ組」(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)を持ち、個々によって様々な特性を示します。アスペルガー症候群の人たちの仕事選びのポイントは?「アスペルガー 就職率 低い 原因...

ここでは、「アスペルガーの特徴で大人の仕事での注意点」についてお話します。アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)は、脳の器質的な特性による先天的な障害です。知的障害を伴わないために周囲にも気付かれ難く、幼少期から「本人の努力不足」、「性格の問題」とされ続け、大人になる頃には二次障害として精神障害を併発していることも多く、まずは、アスペルガー症候群を正しく理解することがとても重要です。アスペルガー...

ここでは、「アスペルガーが受動型の時の適職」についてお話します。受動型アスぺルガー症候群と仕事アスペルガー症候群は発達障害の1つで、同じ障害でもいくつかのタイプに分類することが出来ます。その中でも最近増えてきているのが、受動型アスペルガー症候群で、「アスペルガー症候群 受動型」でも紹介したように、主体性がなく、大人しい人という印象を周囲からは持たれます。他人から言われたことを真摯に受け止め、素直な...

ここでは、「アスペルガーへの仕事の教え方」についてお話します。アスペルガー症候群に大人になって気付いたら?アスペルガー症候群は知的には問題がなく、一見普通の人に見えます。しかし、会話がかみ合わなかったり、場違いな発言をしてしまうなど、コミュニケーションの障害があります。また、複数作業を同時進行できない、急な予定変更に対応できないといった特徴的な症状が現れる発達障害です。アスペルガー症候群は自閉症と...