アスペルガーの特徴で軽度の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴で軽度の時」についてお話します。

 

軽度のアスペルガー症候群の人の特徴とは?

 

アスペルガー症候群は
コミュニケーション力に障害があったり、

 

想像力に欠如しているという
特徴をもつ発達障害です。

 

一般的なコミュニケーションには、
言葉を使ったもの、表情、身振り手振り、と、

 

さまざまな種類の表現方法を
使って行われるものです。

 

アスペルガー症候群の人は、
様々なコミュニケーション方法を
組み合わせて情報を発したり、

 

話し相手が発信している情報を
上手く読み取れないということ障害です。

 

軽度のアスペルガーの特徴」でもお話したように、
知的には正常で、得意分野では秀でた才能を
発揮することも少なくありません。

 

軽度のアスペルガー症候群は、
周囲から見れば、明らかに障害を持っているという
特徴が見られないということが特徴となります。

 

一方、家族や親しい人からすると、
味覚や外からの刺激(音など)に非常に敏感であったり、

 

行動に外せないパターン化した部分がある
といった特徴が見えるでしょう。

 

軽度のアスペルガー症候群も
精神科で診断してもらいましょう

 

アスペルガー症候群は
障害の重さにいろいろなレベルがあり、
重度の障害を持った人であれば、

 

幼少期から変わっていると
周囲も気付くことが出来るために、
小児の発達外来で療育を受けたりすることもできます。

スポンサーリンク

一方、軽症だと個性的と呼ばれてしまい、
個人の気質に由来されるものとして
処理されてしまいます。

 

アスペルガー症候群は言語的、
知的には問題のない人が多く、

 

軽症者の場合、本人も無自覚ですし、
浅い付き合いでは障害者とは見分けられません。

 

障害を持っているとわかっていれば
トラブルにならないことが、
トラブルになってしまうこともあります。

 

小さなころからずっと人間関係で
上手くいかずに悩んできたり、
いつの間にか相手を怒らせてしまうことが多いなど、

 

対人関係・コミュニケーションに
障害がある場合は精神科を
受診してみることをお勧めします。

 

もし、アスペルガー症候群であることが分かれば、
カウンセリングや作業療法で

 

自分の困っていた習慣の改善方法を教えてもらったり、
練習することが出来ます。

 

自分に障害があるとわかった時は、
最初は驚いたり、
ショックだったりするかもしれません。

 

しかし、問題のあった行動が障害から
現れるものだとわかれば、
対処法が取れるのです。

 

近年、精神科受診のハードルは
下がってきている傾向にありますので、

 

相談しに行く感覚で一度
専門家に診てもらってはいかがでしょうか、

スポンサーリンク