アスペルガーの女性の体型とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの女性の体型」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の女性は細身が多い?

 

アスペルガー症候群の女性には
細身の人が多いことが知られています。

 

実は、体型の特徴は男性にも当てはまります。

 

つまり、アスペルガー症候群の人は
痩せている人が多いことになります。

 

もちろん傾向というだけなので、
必ずしも全員がやせ型というわけではありませんし、

 

痩せていることがアスペルガー症候群の
診断基準となることもありません。

 

では、なぜアスペルガー症候群の女性には
痩せている人が多いのでしょうか?

 

その理由はアスペルガー症候群の
人たち特有の味覚や嗅覚の鋭さ、
さらにこだわりの強さが関係していると考えられています。

 

つまり、偏食になってしまう人がとても多くいるのです。

 

また、思春期以降の女性は
ダイエットに熱心になりますよね。

 

アスペルガー症候群の女性は
あまり外見にこだわらないといわれていますが、
一度ダイエットを始めてしまうと、

 

そのこだわりの強さから体重を
落としすぎてしまうということも起こりえます。

スポンサーリンク

度を越えてしまうと拒食症になったり、
そのリバウンドで過食症になったりと、
トラブルが多くなります。

 

アスペルガー症候群では、
自分の体型を客観的に評価することが難しいため、
周囲の人が注意して見守る必要があります。

 

アスペルガー症候群の人は偏食が多い?

 

アスペルガー症候群の人は味覚や嗅覚が鋭く、
同じ食べ物でもメーカーが違うと食べられないなど、
偏食になりがちです。

 

また、食材へのこだわりが強くなり、
食材を非加熱で食べたり、

 

甘味があるものを徹底的に避ける
という偏った食べ方をします。

 

他に食材のイメージ、
例えばトマトは生で食べるもの、
魚や肉は加熱して食べるなど、があると、
トマトを加熱したトマトスープや、

 

生魚を食べる刺身が食べられないなど、
味覚以外の要因で食べれないものが
増えてきてしまいます。

 

周りが食べさせようとしても、
とにかく頑なに食べることを拒みますので、
慣れた味付けや見た目に近づけたり、

 

わからない程度に食材を料理に混ぜ込んで
少しでもバランスのとれた食事を
とるようにする必要が出てきます。

スポンサーリンク