アスペルガー症候群の大人の症状とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の大人の症状」についてお話します。

 

大人になってからアスペルガー症候群と発覚することがある?

 

アスペルガー症候群は脳の先天的な機能障害で、
コミュニケーション力、想像力、
社会性の欠如が見られる発達障害です。

 

発達障害の症状の重さは個人により様々で、
幼少期に障害が発覚する場合が多いのですが、

 

軽度の人は大人になってから
発達障害と診断されることがあります。

 

アスペルガー症候群の症状で、
社会生活を困難にさせてしまうのが、
対人関係を築きにくくさせる症状の数々です。

 

その例として、人の表情が読めないことや、
場の空気を読むことが出来ないといった症状があります。

 

そして、その他にも物事を2つ以上同時に進められなかったり、
ある物事に強いこだわりを持っている、

 

臨機応変な対応が苦手、
といった症状があることも知られています。

 

そういった特徴は学校生活では何とかなることもあります。

 

しかし、成人して会社に
勤めるとなると状況は変わってきます。

 

一般的には会社は利益を作り出すことを目標としています。

 

もし、アスペルガー症候群の人が
同僚や上司との人間関係が上手くいかなかったり、

スポンサーリンク

仕事がうまくこなせないと、
職を失ってことにつながります。

 

障害を自覚していれば、何か対策をしたり
支援を受けることが出来ますが、

 

障害について無自覚だと
原因不明の症状に悩まされてしいます。

 

離職や対人関係のトラブルで
2次障害である精神疾患を患ってしまい、

 

受診した医療機関で発達障害の
診断がされることもあるのです。

 

アスペルガー症候群の2次障害とは?

 

大人のアスペルガー症候群発覚の
きっかけともなる2次障害とは何でしょうか。

 

2次障害とは、アスペルガー症候群の症状によって
精神的なストレスが溜まり、

 

それが限界に達したときに発症する
精神疾患などの病気です。

 

アスペルガー症候群の人は、自己中だ、
などと他人から批判されてしまったり、

 

自分を変えなければと焦ってしまったりする
精神的ストレスを抱えている人が
多いことが分かっています。

 

2次障害には、精神疾患がメインの病気となっており、
うつ病や、強迫性障害、摂食障害、PTSDが含まれます。

 

その中でも多いのがうつ病ということは
世界的にも認められている知見です。

スポンサーリンク