アスペルガー症候群診断テストで幼児の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群診断テストで幼児の時」についてお話します。

 

幼児のアスペルガー症候群はどのように診断するの?

 

子どもにアスペルガー症候群の疑いがあるときは
どのように対応すればよいのでしょうか?

 

病院でテストをしたり、診断を受けるのでしょうか?

 

多くの場合、自分で病院を受診しないかぎり、
1歳半検診や3歳半検診、小学校の入学前の検診などの
定期検診で発達障害の疑いがあると診断されます。

 

すると専門機関で詳しい診断を受けるように指示され、
小児精神科や大学病院の発達外来など、

 

アスペルガー症候群を含めた、小児の発達障害に関する
テストや問診を受けることになります。

 

診断が下りれば、知的な遅れがあるときは
療養などの措置が取られることになり、
小学校では特別支援学級に進学することを

 

勧められる場合もありますが、アスペルガー症候群の場合は
知的障害を伴わないことが多いため、
進学先の判断は難しいものになります。

 

幼児のころから何かサインがあれば、
早めに医療機関や専門家に相談することをお勧めします。

 

なぜならば、療育は始めるのが早ければ
早いほど効果がよくあらわれるからです。

スポンサーリンク

子どもは異常に柔軟ですし、トレーニングや
親の正しい関わり方や環境の整備で
見違えるほど改善させることもあります。

 

幼児のアスペルガー症候群は見分けにくい

 

アスペルガー症候群 チェックリスト」でもお話しした通り、
アスペルガー症候群は言葉の発達に遅れを持っていませんし、
知的にも健常者と同じです。

 

そのため、低年齢であればあるほど
健常児とアスペルガー症候群の子供は見分けにくいのです。

 

特にアスペルガー症候群の特徴として、
規則性を好んだり数字に強い子がいると、

 

小さいときから数字が読めるなど、
ちょっと変わっているけれども、
賢い子であるととらえられてしまいます。

 

小さい子供は社会性もなく自己中心的に行動しますし、
コミュニケーションもうまく取れなくて当たり前です。

 

過度に心配する必要もありませんが、
幼稚園であまりにも自分勝手な行動をとったり、

 

集団行動ができないときには
注意深く様子を見守る必要があります。

 

心配な時には小児科や大学病院の精神科に
設置されている発達外来を受診することをお勧めします。

 

・・・というわけで、このカテゴリーの記事を読んで、
あなたもアスペルガーの「幼児」関係について
お勉強して下さいね。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群診断テストで幼児の時とは?記事一覧

ここでは、「赤ちゃんのアスペルガーの特徴」についてお話します。赤ちゃんでもアスペルガー症候群と分かる?アスペルガー症候群は知的、言語発達的には正常なものの、社会性・コミュニケーション力、想像力に障害がある発達障害です。この特徴からも分かるように、言葉もしゃべらないし、社会的な行動もしない赤ちゃんでは、アスペルガー症候群であるかは診断できません。一般的には3歳ごろまでに特徴的な症状が現れ、発達障害の...

ここでは、「アスペルガーの幼児期の特徴」についてお話します。どんな特徴がみられるの?まず、幼児期のアスペルガー症候群について、多くの患者を抱える大人は「気づかなかった」「手がかからなかった」と言っているほど、普通の赤ちゃんと遜色ないのです。ただもうすでに、この頃から大きな音に過敏に反応したり、こだわりの強さから、気に入ったものや興味があるものがあると、一日中泣かずにずっと見続けたりしています。それ...

ここでは、「アスペルガーの幼児の原因」について解説いたします。今のところ、アスペルガー症候群の原因についてはハッキリわかっていませんが、先天的(遺伝)な見方と後天的な見方をする科学者がいます。現在では先天的な病気という考え方を支持する学者が多く、家庭環境には関係ないとされています。アスペルガーは先天的なの?まず、アスペルガーの先天性についてですが、こう見る科学者多いのには理由があります。「アスペル...

ここでは、「アスペルガーの幼児の対応」について解説いたします。「アスペルガー 子ども 療育」でもお話した通り、その子がアスペルガー症候群であるとちゃんと見極めた上で、向き合い、適切な対応を取らないと、二次障害の併発を引き起こしたり、症状を悪化させ当事者が苦しい想いをする可能性があります。どう接すればいいの?まず、これはケースに応じて対応する必要があります。たとえば、コミュニケーションが取るのが苦手...

ここでは、「アスペルガーの幼児の療育」について解説いたします。「アスペルガー 幼児 対応」のページで述べているように、適切な対応を取らないとかえって患者を苦しませてしまうことになってしまうので、正しく理解して、療育しましょう。ここでは情報共有の必要性が療育に繋がることを説明いたします。幼児の療育って?幼児が最初に触れ合う社会生活として幼稚園や保育園が挙げられます。「アスペルガー 子ども 療育」でも...

ここでは、「アスペルガーの幼稚園の療育」についてお話します。アスペルガー症候群と診断されたら幼稚園に通えるの?アスペルガー症候群は言葉や知的な発達は正常である者の、コミュニケーションや社会性に障害が現れる発達障害です。アスペルガー症候群は自閉症と共通した症状があり、高機能自閉症ともいわれることがあります。言葉からも分かるように、自閉症よりもその診断は難しくなり、子どもによっては個性ともとれるレベル...