アスペルガー症候群の特徴で男性とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の特徴で男性」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の男性の特徴とは?

 

アスペルガー症候群の男性には特徴があります。

 

社会に出て仕事をしている場合には、
その特徴が顕著になります。

 

アスペルガー症候群の男性はチームで仕事をすることや、
人に接する仕事(接客や営業)は向いていない傾向が強いです。

 

一方、学者や専門の技術者が向いています。

 

それはなぜかというと、アスペルガー症候群の人は
相手の表情を読み取ったり、

 

あいまいな表現をつかった
コミュニケーションが不得意だからです。

 

また、その場に応じた臨機応変な対応も不得意なことから、
ルーティンワークをベースとした作業を
こなすことが得意という特徴があります。

 

アスペルガー症候群は男性に多い?

 

コミュニケーション力に乏しいけれども
知的な障害を伴わない自閉症、

 

と表現されるアスペルガー症候群ですが、
障害を持つ人の4の3は男性というデータがあります。

 

75%が男性とは驚きの数字ですよね。

 

しかし、この数字、最近の研究で
実は発症率に男女差がないとも
言われ始めているのです。

 

では、アスペルガー症候群に
男性が多いといわれる理由は何でしょうか?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の最大の特徴は、
相手の気持ちやその場の空気を察することが出来ない
「想像する力の欠如」です。

 

そのため、他人との感情の共有(共感)が出来ずに
人間関係を構築することを難しくなってしまうのです。

 

また、男性は女性に比べると社会性に劣る部分があるため、
チームワークを苦手とする傾向がより強く表れます。

 

男性の場合、興味のあることに秀でていると、
専門職として自立した生活を送ることが
出来るという利点もあります。

 

過去の学者や技術者、芸術家には
アスペルガー症候群だったのでは?

 

といわれている人がおり、
例えばアインシュタインや
レオナルド・ダ・ヴィンチはその代表です。

 

それに反して女性は昔は家庭に入り
家で過ごすことが多かったために、

 

ちょっと変わっていても夫が
良しとすればそれで済んでいました。

 

そのために、女性のアスペルガー症候群の障害を持つ人は
あまり表に出てこなかった可能性があります。

 

さらに、女性は集団行動に優れているという
特性があるので、アスペルガー症候群の
症状がカバーされていることも少なくないでしょう。

 

そういった男女の特徴の違いが、
アスペルガー症候群は
男性に多いとされてきた理由なのです。

スポンサーリンク