アスペルガー症候群の女性の仕事とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の女性の仕事」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は仕事にどう影響する?

 

アスペルガー症候群とは、
知的にも言語の発達も正常にもかかわらず、
人の気持ちになって考えてみる想像力や、

 

場の空気を読むなど、対人関係での
コミュニケーションに障害がある発達障害の1つです。

 

まだまだ世間では認知度の低い障害のため、
正しい診断を受けられずに大きなストレスを
抱えて生活している人がたくさんいると考えられます。

 

障害によって起こる症状は幼少期からあるのですが、
人によってそのレベルは様々で、

 

定期検診にも引っかからずに
見過ごされてしまう人がいます。

 

どうしても人間関係が上手く気付けない人や、
いつの間にか孤立してしまう、

 

といった社会性に障害があると自覚している人は、
一度精神科で診察を受けることをお勧めします。

 

成人して、社会生活を送る上で
欠かせないのが働くことです。

 

アスペルガー症候群の人は職場でも
ミスを繰り返してしまったり、
上手く仕事がこなせないことが多くあります。

 

その原因は、複数のことを同時に出来なかったり、
臨機応変な対応が出来ない、

 

同僚や上司とコミュニケーションが
上手く取れないためです。

 

一方、「アスペルガー 特徴 仕事

 

でも紹介したように長所を生かして、
適切なジョブマッチングで見つけた仕事は長続きし、

 

健常者よりも高いクオリティーの
作業が行えることもあります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の特徴はネガティブな場面では、
コミュニケーションが上手く取れないことから、

 

職を失ってしまうまでも
トラブルになることもあります。

 

しかし、興味のあることへの抜群の集中力や、
ルーティーンワークを集中してこなせるところ、

 

独特の色彩感覚を持っている、など、
専門的な職業に生かせる場面はたくさんあります。

 

アスペルガー症候群の人はどんな仕事についている?

 

アスペルガー症候群の人はチームで行う仕事や、
臨機応変な対応が求められるサービス業よりも、

 

一人で決められたことを
コツコツ行うタイプの仕事が向いています。

 

人によって得意分野は異なりますが、
専門職や芸術家などの職に就く傾向があるようです。

 

具体的には、学者、写真家、プログラマー、ウェブデザイナー、
電気技師、作家など、本当に幅広い職種で
アスペルガー症候群の人は活躍できます。

 

アスペルガー症候群の女性の仕事とは?

 

言語に強いタイプの人では
翻訳家・作家として活躍している人がいます。

 

日本人の女性なのですが、
ニキ・リンコさんという方で、

 

自身がアスペルガー症候群で
あることを公表して、活躍されています。

 

アスペルガー症候群の人の視点から見た世界を
上手く著書にまとめており、非常に高い評価を得ています。

スポンサーリンク