アスペルガー症候群の女性の診断とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の女性の診断」についてお話します。

 

最近、女性のアスペルガー症候群が増えている?

 

最近、女性のアスペルガー症候群が
増えていると話題になっています。

 

女性は昔はアスペルガー症候群に
ならなかったのでしょうか?

 

実は、最近になってアスペルガー症候群は
男女で症状に差異があることが分かってきました。

 

そのため、今までの診断基準では
発見されなかったアスペルガー症候群の女性が、

 

最近では正しい診断を付けることが
出来るようになってきたのです。

 

アスペルガー症候群の特徴は、
コミュニケーションが上手く取れないことです。

 

また、知的にも言語的にも健常者と変わらないため、
一見、障害を持っているようには見えないことも

 

アスペルガー症候群事態への
理解が進まなかった要因の1つです。

 

また、社会性が欠如しており、
集団になかなか属せないのがアスペルガー症候群の特徴ですが、

 

女性はグループで行動することが多いため、
そういった側面が見えないこともあります。

スポンサーリンク

しかし、対人関係で悩んだり、
トラウマを持ってしまうことも少なくなく、

 

女性の場合、鬱などの2次障害を
併発するケースが非常に多いです。

 

また、アスペルガー症候群は脳の機能異常であるため、
人によってはホルモンバランスの調節が上手くいかずに、

 

月経不順や月経前症候群が
重くなりやすいことが知られています。

 

それに加えて、睡眠障害と慢性的な疲労感
といった身体症状が多いことも
アスペルガー症候群の女性ならではという症状です。

 

女性がアスペルガー症候群の診断を受けるタイミング

 

女性のアスペルガー症候群は、
発達障害だと疑って病院を受診するケースよりも、

 

2次障害のうつ病や心身症状で精神科を受診し、
発覚するケースが多いことが知られています。

 

また、幼少期にはわからなかった障害が、
自分の子供の発達障害が診断されることによって
明らかになるケースも少なくありません。

 

女性のアスペルガー症候群はまだまだ認知度が低く、
原因不明の症状や対人関係で
思い悩んでいる人がたくさんいます。

 

気になることがあれば、
精神科や心療内科を
受診してみることをお勧めします。

スポンサーリンク