アスペルガー症候群が上司の時はどうするの?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群が上司の時はどうするのか」についてお話します。

 

コミュニケーションがとれない上司は
アスペルガー症候群かもしれない?

 

アスペルガー症候群は言葉の発達や
知的に障害が無いけれども、

 

コミュニケーションや想像力に
欠如している発達障害です。

 

コミュニケーションの能力に障害があるといっても、
そのレベルは千差万別で、
軽度から重度までいろいろな人がいます。

 

そのため、軽度の人は個性的ととらえられて、
病院を受診していない人もいるため

 

本人も自分に障害があるとは
気づいていない場合もあります。

 

さらに、アスペルガー症候群の人は
ある分野で非常に優れた能力を

 

発揮できることがあるため、
職種によっては昇進し、
部下がいるということもあるのです。

 

アスペルガー症候群の上司の特徴として、
仕事に厳しく、非常に集中して業務を
行っているという特徴があります。

 

その反面、部下に仕事を教えたり、
周囲に仕事を分散させるなどの

スポンサーリンク

コミュニケーションを取らなかったり、
話の内容が一方的で理解しにくいことが多いです。

 

また、感情の波が激しく、
何かのきっかけで衝動的に怒り出したり、
人の話を聞かないなど、

 

一緒に働くうえで障害となる症状の多く、
部下の人は接し方に困ってしまったり、
中には耐えきれずに退職してしまう人もいます。

 

もし、今回紹介した特徴が何個も当てはまる場合、
アスペルガー症候群の可能性が非常に高くなります。

 

上司がアスペルガー症候群かと思ったら。

 

「アスペルガー 話し方の特徴」でも紹介したように、
アスペルガー症候群の人は空気を
読めない発言をしてしまうことが多くあります。

 

また、比喩的な表現を理解できなかったり、
冗談を真に受けてしまうというという特徴があり、

 

普通のコミュニケーションが取りにくく、
仕事に支障が出るでしょう。

 

もし、自分の上司にアスペルガー症候群の
疑いがあれば、まずは本人に自覚出来るように
する方法を考えましょう。

 

上司より上の立場の人に相談するのも良いでしょうし、
直接、精神科の受診を勧めるのはハードルが高いので、
産業医に相談するという方法もあります。

スポンサーリンク