アスペルガー症候群で受動型とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群で受動型」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の受動型とは?

 

アスペルガー症候群の受動型は、
アスペルガー症候群の中でも
発見されにくいタイプの障害です。

 

アスペルガー症候群の特徴である
他者への関心の無さとは反対の特徴を持ち、
集団に馴染もうと必死に空気を読むタイプです。

 

受動型の人は、アスペルガー症候群の
特徴である言葉の裏を読むなどの

 

想像する力には乏しい反面、社会性はあり、
コミュニケーションも問題なく行える人が多いです。

 

ただし、主体性がないため、周りに合わせて行動したり、
誘われればそれに乗るという行動をとります。

 

周囲から見れば、おとなしく
流されやすい人なんだな、と印象を持たれます。

 

自己主張が出来ないために、

 

「主体性のない人だ」

 

と低い評価を受けてしまうこともあります。

 

対人関係では聞き役になることが多いため、
冗談でも大げさな愚痴でも本気で信じてしまい、

 

人の話に振り回されてしまうこともしばしば起こりますので、
たまには一人でゆっくりする時間を意識して作りましょう。

 

受動型の人は集団に入らなければ、
と思い詰めていることがあるので、

スポンサーリンク

極端にならず、一人の時があっても
よいことを認められるようにしましょう。

 

アスペルガー症候群の受動型の人が気を付けたい生活でのポイント

 

アスペルガー症候群の受動型の人は、
主体性がないために、自分が属している
集団の行動に流されてしまうことが多くあります。

 

すると、危険なことや良くない行動まで、
何も考えずにただみんなと一緒に、
という観点から行動してしまうため注意が必要です。

 

自分が楽しいと思わなくても、
みんなが楽しいなら楽しいのかも、
と思って周りに流されていると

 

気づかないうちに心身ともに
疲れ切ってしまうこともあります。

 

疲れを感じにくかったり、疲れていても、
どのように休みたい旨を伝えてよいのか
わからずに無理をしてしまう傾向が強いため、

 

体を壊してしまう前に家族や周囲が
気が付いてあげる必要があります。

 

本人も徐々にどのタイミングで
休めばよいのかを学んでゆきますが、

 

最初は周囲が休むことを勧めてあげると
本人も安心して休むことが出来るでしょう。

 

受動型はとても素直で優しい人が多い反面、
人の言葉に操られてしまうことがあります。

 

自分のペースを守り行動することが大切です。

スポンサーリンク