アスペルガーは反省しないの?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーは反省しないのか」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人は反省しない?

 

アスペルガー症候群とは知的に正常でも、
コミュニケーションに障害がある発達障害です。

 

コミュニケーションの障害とは、
質問に適切に答えられなかったり、
相手の表情や場の空気が読めない、

 

言葉に関する想像力が少ないために
言葉をそのまま受け止めてしまう、
といったことが挙げられます。

 

そのため、職場や家庭で
アスペルガー症候群の人と接するときには
接するときのコツがあります。

 

「アスペルガー 接し方」でも紹介していますが、
はっきりと指示を伝えたり、

 

相手の気持ちを場合分けして教える
という方法が広く知られています。

 

子どもの頃は友達とけんかになってしまったり、
大人が注意して根気よく教えるという方法が取れます。

 

しかし、何度言っても同じことを繰り返し、
見た目には全く反省したようには見えません。

 

これは、アスペルガー症候群の
症状からくるもので脳の機能的に
アスペルガー症候群は

 

「反省する」

 

ことが難しいのです。

 

反省とは、過去を振り返って自分を省みたり、
以前と同じような状況になった時に
これから何が起きそうか考える必要があります。

 

つまり、反省には、記憶や想像力が必要です。

 

アスペルガー症候群は記憶の仕方に
独特の特徴があったり、想像力は欠如しています。

 

つまり、アスペルガー症候群の人
は脳の構造的に反省という行動が取りにくいため、
周囲は対応するには相当の体力と根気がいるのです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は反省する?

 

アスペルガー症候群の人は脳の構造的に

 

「反省する」

 

ことが難しいです。

 

では、アスペルガー症候群の人は
トラブルが起きた時に他者から注意されると
どのような行動を取るのでしょうか。

 

その対応には大きく分けて
2つのタイプがいると知られています。

 

まず1つ目は、注意されたことに対して、
強い抵抗を示すタイプです。

 

言語的は問題のないアスペルガー症候群ですが、
時に健常者よりも口が達者な人もいます。

 

また、あいまいな表現が苦手で、
歯に衣着せぬ言い方をしてしまう人が多いため、

 

抵抗を示すときにまくし立てるように
言いすぎてしまうことがあります。

 

そして、もう1つが、とりあえず
謝罪の言葉を述べるものの、

 

トラブルとなった状況が理解できないために
一人で思い悩んでしまうタイプです。

 

こういったタイプは謝ったにも関わらず、

 

「また同じ失敗をした!」

 

と、非難されてしまうこともあり、
思い悩んだ結果から2次障害の

 

うつ病を発症してしまいやすい
タイプともいえるでしょう。

 

どちらのタイプも、まずトラブルが起きている
状況を理解してもらい、解決策を提示する
という方法を根気良く続けていく必要があります。

スポンサーリンク