発達障害で大人のアスペルガーの特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「発達障害で大人のアスペルガーの特徴」についてお話します。

 

大人の発達障害とは?

 

最近、発達障害と言う言葉が
一般に知られるようになり、

 

発達障害について興味を持つ人が
増えてきた傾向があります。

 

認知度の上昇に従って、
大人の発達障害が増えている
という現状があります。

 

発達障害は、脳の機能に一部、
正常に作動していない部分があるために

 

社会生活を送る上で
困難に直面することが多くあります。

 

特に問題なのがコミュニケーション能力についてです。

 

その障害は年齢を重ねて
社会に出てゆくとより顕著化します。

 

学校生活はストレスを感じながらも
何とか過ごせても、会社で働いたり、
結婚生活を継続してゆくことが難しいのです。

 

もちろん、もともと何かおかしいな、
と感じていたでしょうが、ほぼ障害については

 

無自覚で成人を迎えることは
さほど珍しいことではないようです。

 

大人で発覚する発達障害は、
アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)、
学習障害(LD)などがあげられます。

 

ただ、大人の発達障害の特徴として、
色々な障害の要素を含んだ症状を呈していることが多く、

スポンサーリンク

詳しい診断名が付かずに、発達障害と言う
枠組みで診断されることもあります。

 

大人の発達障害への対処法

 

発達障害は、先天的な脳の
機能異常から起こるとされています。

 

そのため、現段階では障害を
治すための治療は確立されていません。

 

アスペルガー症候群を含む、
大人の発達障害の特徴として、
2次障害を併発している確率が高いです。

 

そのため、2次障害として発症した
うつ病やパニック障害に関しては、

 

抗うつ薬や精神安定剤を用いた治療を
行うことで症状を軽減できます。

 

発達障害そのものに関しては、
作業療法などのリハビリを行ったり、
就職支援センターなどから

 

適切なサポートを受けることで、
社会に対応してゆける可能性が広がります。

 

発達障害と分かった際に、会社や周囲に
打ち明けるかどうかは本人次第です。

 

中には会社に通知したり、
障害者枠で再就職した人もいますし、

 

打ち明けずに、自らリハビリやセミナーに通って
トレーニングに努めている人もいます。

 

障害を打ち明けるか否かは
周囲に多少なりとも影響を与えるものなので、
よく考えてから行動に移したいですね。

スポンサーリンク