アスペルガーの服装は派手じゃないの?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの服装は派手じゃないのか」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人は服装に特徴がある?

 

アスペルガー症候群は服装に特徴が現れると知られています。

 

その特徴が一番目立ってしまう場面は、
TPOに合わせた服装が出来ていないときです。

 

アスペルガー症候群の人は、
一般常識よりも自分の好きな格好を
優先させてしまうことがあり、

 

スーツで出席しなければいけない場所でも
いつも通りのジーンズで現れてしまうこともあります。

 

すると、周囲からは

 

「ちゃんとした格好をしてこなくてはダメ」

 

と言われてしまったりするのですが、
アスペルガー症候群の人には

 

「ちゃんとした格好」

 

という表現では伝わりません。

 

そういう時には、

 

「スーツを着て出席してね」

 

と具体的に伝えることが必要です。

 

そして、次に挙げられるのが、服装に無頓着で
毎日同じような格好をしてしまうという特徴です。

 

その原因には、他人に無関心であるがために、
人の目を気にするという意識が低いことが考えられます。

 

また、変化をすることが苦手なことが多いため、
新しい色やスタイルを取り入れた派手なファッションに
挑戦しようという意識があまりありません。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は服にこだわる?

 

服装に無頓着と言われている
アスペルガー症候群ですが、
実は強いこだわりを持っている場合も多くあります。

 

そのこだわりとは、服の素材や
大きさ、肌触りなどです。

 

例えば、綿100%で丸首のTシャツしか着ない、
という形でこだわりが現れます。

 

特に気に入ったものであれば、
ボロボロに傷んでいても
繰り返し着てしまうことがあります。

 

このこだわりは学校生活を送る上で
問題になることがあります。

 

学校では決まった制服や体操服がありますが、
それがどうしても着られない場合は

 

学校側に配慮を求めることが出来ますので、
相談してみましょう。

 

また、いつも同じような服を着ることは、
体を動かすときに感じる感覚が一緒です。

 

その「いつも同じ感覚」に
アスペルガー症候群の人は安心感を
覚えるということも分かっています。

 

体にフィットする服装も、
体の感覚を刺激しすぎるため、
好まないと知られています。

スポンサーリンク