アスペルガーの遺伝の確率とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの遺伝の確率」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は遺伝する?

 

アスペルガー症候群が遺伝するか否かは、
長い間議論され、たくさんの研究がされてきました。

 

その結果、アスペルガー症候群の発症には
遺伝的要素も関係していると結論付けられています。

 

しかし、100%遺伝するものではありませんし、
親近者にアスペルガー症候群の人がいない場合でも、
発症することがあります。

 

もちろん親が発達障害であれば、
子どもも発達障害になる確率は高くなります。

 

脳の機能発達に異常があるとされている
アスペルガー症候群は遺伝的要素と
環境要因が複雑に絡み合って発症するのです。

 

つまり、1つの遺伝子の変異が
親から子へ伝わったからと言って、

 

リスクが上がるだけでアスペルガー症候群に
ならない人もたくさんいます。

 

アスペルガー症候群や自閉症の遺伝確率を
研究した報告によると、その発症率は

 

1卵生双生児で60〜70%一致し、
2卵生双生児で30〜40%と、

 

遺伝子が全く同一の一卵性双生児では
リスクが2倍になるとされています。

 

つまり、確実にアスペルガー症候群の発症に
遺伝子の変異は関係しているのです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群と遺伝子

 

アスペルガー症候群を発症する原因になる遺伝子は
未だはっきりした答えが出ていません。

 

ただし、アスペルガー症候群に
遺伝要因があることは明らかで、

 

兄弟にアスペルガー症候群の人がいれば、
本人や障害を持った人の子供が発症する
確率は一般と比べて高くなります。

 

つまり、アスペルガー症候群は
遺伝することもあるのです。

 

一方、父親または母親が高齢であったり、
妊娠中に起きたトラブルで胎児の遺伝子が
傷つくことがあります(突然変異)。

 

その傷ついた遺伝子がたまたま
アスペルガー症候群の発症の引き金に
なるような遺伝子の場合、

 

その子の発症リスクは格段に
跳ね上がることになるのです。

 

親子間での遺伝だけでなく、
この突然変異も遺伝子が関わっていることになるため、

 

アスペルガー症候群に関する脆弱遺伝子が
存在する可能性が研究されています。

 

この遺伝子の特定は未だ研究中ですが、
いつか原因遺伝子が発見されれば
治療方法が開発される日も来るでしょう。

スポンサーリンク