アスペルガーは遺伝で兄弟でもそうなるの?

スポンサーリンク

ここでは「アスペルガーが遺伝するのか、兄弟で違いがあったりするのか?」
といった疑問にお答えします。

 

アスペルガーって遺伝するの?兄弟は?

 

正直なところ、アスペルガー症候群の詳細な原因というものは、
現段階では明らかになっていません。
それでも現在考えられている様々な説について説明します。

 

まず遺伝に関してですが、これは何らかの「遺伝的な要素が原因」、
と考えている科学者も多数います。
なぜなら、一卵性双生児の発症割合が、
二卵性双生児に発症割合よりもはるかに高いことに拠ります。

 

双子の兄弟でも一卵性か二卵性かによって発症する確率は大きく違うのです。
これは兄弟でも同じことが言えます。
しかしこれも「絶対」という根拠は今の所見つかっていません。

 

ただ、発症しやすい性質は遺伝し、
何らかの脳の機能障害を引き起こす、
と考えている科学者が多いのです。

スポンサーリンク

実は親の愛情不足?

 

アスペルガー症候群になる原因の一つに、
人格形成段階における環境要因すなわち、
親の愛情不足が挙げられます。

 

これは後天的だとする立場の考え方で、
一番人格形成をする上で大切な幼少期に親から十分な愛情を、
注がれていないと発症するケースが報告されているのです。

 

ただこれも繰り返しになりますが、一概に「絶対」とはいえません。
元々先天性で、遺伝的に持っていたリスクが表れた、
ということを否定できないのですから。

 

ただ、親の愛情を充分に注ぐことで、
発症を回避できると考えている科学者がいるのも事実です。

 

きちんと向き合いましょう!

 

遺伝にしても、愛情不足(育て方が悪かったと指摘されうる)にしても、
両親が自責の念に駆られる傾向があります。
ただ、発症してしまった以上は、現在対処法もみつかっていないので、
治す方法も分かっていません(精神薬にも規制がかけられています)。

 

実は発症した原因や自責よりも、患者が家族であっても、
友人であても、患者を深く理解して、
きちんと向き合ってあげることの方が何倍も大切なのです。

スポンサーリンク