アスペルガーで軽度の大人の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーで軽度の大人の特徴」についてお話します。

 

アスペルガー症候群(現在診断名は「自閉症スペクトラム」に統一されている)は、
脳の器質的な特性による先天的な障害です。

 

周囲に気付かれない、本人の自覚もあまりないとしても、
生まれたときから何らかの症状はあるのです。
大人になってから突然発症するものではありません。

 

これは「アスペルガー症候群 大人 対処方法 特徴」でもお話しました。

 

アスペルガー症候群の軽度の大人の特徴とは?

 

アスペルガー症候群は知的障害がない自閉症スペクトラムです。
軽重に関わらず「ウィングの三つ組」
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)
を満たしています。

 

「アスペルガー症候群の軽度」というのは、その症状が軽いというだけなのです。
生き難さや困り感は自閉症の人と変わらない、
または知的障害がないために周囲に気付いてもらいにくいために、
強く感じている場合も多いのです。

 

集団を苦手としながらも、学校や職場にも通えるために、
「話が通じない」「わがまま」「空気が読めない」などと言われ続け、
社会の中での生き難さ、つらさを感じ続けているのです。

 

良好な対人関係を築けず悩んで精神疾患などの二次障害を引き起こしたり、
二次障害を引き起こしてはいないものの、生き難さを感じ続け耐えていたりします。

スポンサーリンク

1.話が通じない

 

コミュニケーションの質的障害によるものです。
決して本人に悪気はないのです。

 

挨拶などの表面的なつきあいは出来ても、込み入った話だと理解も難しく、
さらに他人との感情の共有が難しいために、
相手の欲しがっている言葉を返せなかったりするために
「あの人は話を聞いてくれない、話が通じない」となってしまうのです。

 

2.空気が読めない

 

学校生活では何とかなっても、職場では深くコミュニケーションを、
とることを要求されるため「場」にそぐわない事を言ったり、
やったりして失敗することが多くなります。

 

深刻な話をしているのに、ニコニコ笑顔で話しかけてしまったりしますが、
本人に悪意はないのです。

 

3.わがまま

 

イマジネーションの質的障害によるものです。
物事の順序にこだわったり、融通が利かず相手を怒らせたりします。
臨機応変に仕事できず、叱られたり、ペナルティーを課せられたりしますが、
これも純粋な「わがまま」ではなく、障害特性によるものなのです。

 

4.感覚の特異性

 

「制服が着られない」
「冷めたご飯は食べられないから、レンジで温めて欲しい」など、
決してわがままではなく、人間の五感が、
敏感だったり鈍感だったりするために起こることなのです。

 

このように大人のアスペルガーの人たちは、たとえ軽度であっても、
本人が一番つらい思いをしていますので、家族や職場での、
「正しい理解」が必須となるのです。

スポンサーリンク