アスペルガーの目つきとは?

スポンサーリンク

ここでは「アスペルガー症候群の患者の目つき」について説明します。

 

一見、外見上には特徴がさほどみられないこの病気ですが、
目つきに特徴があることが分かっています。

 

アスペルガーはストイックや独特な感性を保持していると知って、
アスペルガーを装う人もいると聞きます。
それは病気ではなく、患者への理解が足りない無責任な行動です。

 

患者自身の苦しみを自分の優位性に使う行為は許せません。
そのため、ここではアスペルガー患者によくみられる(絶対とはいえないのです)
目つきの特徴を解説致し、より一層患者への理解を深めてもらいたいのです。

 

アスペルガー症候群患者の目つきとは?

 

まず、真性のアスペルガー患者は会話の中で、自分の位置を把握しきれていません。
そのため、場違いな発言をしたり、ついうっかり
暴言を吐いてしまったりすることもあります。

スポンサーリンク

自分の興味のある話だと食いつきがよく積極性が出ますが、
基本的には会話では他人の思考まで推し量ることはできず、
意図を汲み取ることが難しいのです。

 

これは誰でも真似しようと思えばできますが、目つきに関しては違います。
アスペルガー患者はそれでも話についていこうと必死で、瞳を動かしません。
ずっと固定されたままなのです。

 

また、何もない一点だったり、
ある特定の部分を度を超してまで凝視する傾向があります。
実はここにも独特の感性で自分の道を切り拓いた人に関連する事柄があり、
異常なまでに凝視するのは、過度の集中力ともいえるのです。

 

この集中力こそが様々な偉業に繋がってくるともいえるのです。
また、それだけ集中して凝視できるのにも関わらず、
人と対面するのはやはり苦手で、
人と目を合わせることを嫌います(理由は様々あります)。

 

普通の人なら、「目が合った」と感じるだけに留まりますが、
アスペルガー患者の場合は、目を合わせること自体にかなりのストレスになるので、
たとえ目を逸らされても嫌と思わず、きちんと理解してあげることが大切なのです。

スポンサーリンク