アスペルガーの大人の対処方法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の大人の対処方法と特徴」について解説致します。

 

アスペルガー症候群
(2013年DSM−5で診断名が「自閉症スペクトラム」に統一される)は、
脳の器質的な特性による先天的な障害です。

 

自閉症のなかでも「知的障害を伴わない」ものです。
知的障害を伴わないため、幼少期に見過ごされ、
大人になってから診断される人も多い障害です。

 

そのため、幼少期より「ちょっと変わった子」「わがままな子」
として扱われることが多く、自分はダメ人間、能力が無い、などの自己否定感が高く、
場合によっては精神疾患などの二次障害を引き起こしてしまう場合もあります。

 

アスペルガー症候群の大人の特徴は?

 

自閉症スペクトラム(自閉症)なので、ウィングの三つ組
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)
を持ちます。

 

この三つ組の障害のために、人との距離感が不自然、
人の気持ちを察することが出来ない、その場に合わない言動や行動、
自分が話をするには大きく困らないけど、人の話を聞くのは苦手、

 

予定外の出来事(変更や中止)に対応出来ないなど、
職場でも周囲の人たちを困惑させることがよくあります。

 

しかし、類まれな集中力や優れた記憶力、規則や秩序を愛する真面目さなど
定型発達の人には到底まねできない優れた特性も持っています。

 

アスペルガー症候群の大人の対処方法は?

 

アスペルガー症候群の人との接し方で最も大切なことは、
本人の障害特性や苦手なことを「頑張れば出来るようになる、克服できる」と,
考えないことです。

 

知的障害が無いために、パッと見た目では定型発達の人たちと何ら変わりありません。

 

そのために「なぜこれくらいのことが出来ないの?」
「もっと頑張れば出来るでしょ?」などと要求され、
本人は幼少期より人の何倍も頑張ってきています。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の特性は医療的な手術や薬で治るものではありません。
障害であることを正しく理解しましょう。

 

職場などで接する際の注意点は次のようなものです。

 

1.指示をするときは口頭だけでなく、メモ書きでもよいので書面を使いましょう。

 

2.指示をするときは必要なことを出来るだけ簡潔にしましょう。
 (あいまいな表現は避けてください)

 

3.指示するときは一度にたくさんせず、出来るだけ一つずつにしましょう。

 

4.否定語を使わず肯定的な言葉を使いましょう。
 (「〜はだめ!」ではなく「〜にしてみて!」)

 

5.決して大声をあげたり、怒鳴ったりしないであげましょう。
 (怒鳴られると不安や恐怖が強くなるだけで、
  叱られている内容を理解出来なくなります)

 

6.仕事内容などの全体の見通しをわかりやすく伝えましょう。
 (変更、中止は出来るだけ早めに知らせてください)

 

7.感覚の特異性を理解してあげましょう。
 (人間の五感が過敏であったり、逆に鈍感であったりします)

 

このように職場での周囲の人たちの理解を得ることができたならば、
大人のアスペルガーはキチンと、仕事をしてくれるようになります。

 

また、「集中力」が定型発達の人より高いので、
並外れた作業を、こなしてくれるはずです。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
アスペルガーの「大人」関係について
お勉強して下さいね!

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の大人の対処方法と特徴は?記事一覧

ここでは、「アスペルガーの特徴で成人」についてお話します。アスペルガー症候群はコミュニケーションが苦手?アスペルガー症候群の特徴の一つで、コミュニケーション能力が低いということが有名です。ただ、アスペルガー症候群の人は、コミュニケーションを取らないわけではないのです。表面上の会話などは問題なく出来、踏み込んだ話になると、急に会話が成立しなくなるといった場面があります。具体的には、言葉をそのまま受け...

ここでは、「アスペルガーのチェックで成人の時」についてお話します。アスペルガー症候群チェックリスト、日常生活編「アスペルガー症候群 チェックリスト」でもご紹介した通り、アスペルガー症候群とは、知的にも言語発達的にも遅れがみられないものの、コミュニケーションや社会性、想像力に障害が現れる発達障害です。アスペルガー症候群は生れつき脳の機能の一部が正常に働かないことで起こると考えられており、その詳しいメ...

ここでは、「アスペルガーの症状で成人」についてお話します。大人のアスペルガー症候群の症状とは?アスペルガー症候群は、「アスペルガー症候群 チェックリスト」でも紹介した通り、対人関係やコミュニケーションに対して苦痛を感じる人がたくさんいて、ストレスを感じながら生活している場合が多いです。では、具体的には、どのような症状があるのでしょうか。まず、一番に挙げられるのがコミュニケーションの障害で、話し相手...

ここでは、「アスペルガー症候群の大人の症状」についてお話します。大人になってからアスペルガー症候群と発覚することがある?アスペルガー症候群は脳の先天的な機能障害で、コミュニケーション力、想像力、社会性の欠如が見られる発達障害です。発達障害の症状の重さは個人により様々で、幼少期に障害が発覚する場合が多いのですが、軽度の人は大人になってから発達障害と診断されることがあります。アスペルガー症候群の症状で...

ここでは、「アスペルガーで軽度の大人の特徴」についてお話します。アスペルガー症候群(現在診断名は「自閉症スペクトラム」に統一されている)は、脳の器質的な特性による先天的な障害です。周囲に気付かれない、本人の自覚もあまりないとしても、生まれたときから何らかの症状はあるのです。大人になってから突然発症するものではありません。これは「アスペルガー症候群 大人 対処方法 特徴」でもお話しました。アスペルガ...

ここでは、「アスペルガーの大人の歩き方の特徴」についてお話します。アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)は、脳の器質的な特性による先天的な障害です。知的障害を伴わないために、周囲に気付かれ難く、本人も「なぜ自分はみんなと同じように出来ないのか?」と苦しむ場合もよくあります。アスペルガー症候群の「ウィングの三つ組」以外の特徴とは?1.聴覚過敏ちょっとした物音で不安がったり、人ごみやレストランのざわ...

ここでは、「成人アスペルガーの治療」についてお話します。アスペルガー症候群の治療を受けるには?アスペルガー症候群とは、知的には正常なものの、社会性、コミュニケーション力、想像力に障害のある発達障害です。発達障害は先天的な脳の機能異常と考えられていて、その原因や治療法が研究されています。アスペルガー症候群は最近では認知度が上がってきたものの、まだまだ医学的な知見や世間の理解は乏しいのが現状です。ここ...

ここでは、「発達障害で大人のアスペルガーの特徴」についてお話します。大人の発達障害とは?最近、発達障害と言う言葉が一般に知られるようになり、発達障害について興味を持つ人が増えてきた傾向があります。認知度の上昇に従って、大人の発達障害が増えているという現状があります。発達障害は、脳の機能に一部、正常に作動していない部分があるために社会生活を送る上で困難に直面することが多くあります。特に問題なのがコミ...

ここでは、「アスペルガー症候群の大人の治療はできるのか」についてお話します。アスペルガー症候群の治療とは?アスペルガー症候群とは、知的には正常でもコミュニケーションに障害のある発達障害です。根本的な原因は未だ研究が行われていますが、発症のメカニズムとして先天的な脳の機能障害があると考えられています。そのため、残念ながら、アスペルガー症候群を根本的に治療することは現時点では出来ないとしか言いようがあ...