アスペルガーの大人の女性の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの大人の女性の特徴」についてお話します。

 

成人女性のアスペルガー症候群の特徴とは?

 

女性のアスペルガー症候群は、
男性のものと比べて、特徴的な症状が
大きく異なることが分かってきました。

 

この事実に関しては、別項の
アスペルガー症候群 特徴 女性
でもご紹介しました。

 

女性はコミュニケーション能力が
問題なく見えることが多く、

 

一般的に知られている
アスペルガー症候群には当てはまりません。

 

一方、問題となるのが心身症状で、
慢性労や疼痛、月経不順や睡眠障害が
現れやすいことが分かっています。

 

また、感覚が鋭敏すぎるためにおこる
メルトダウン症状や、過去の体験が

 

フラッシュバックするタイムスリップ現象が
起こることも特徴です。

 

今紹介した症状以外にも
体に不快な症状が出ることもあり、
医学的知見が足りない部分はたくさんあります。

 

脳の機能障害がホルモンバランスの制御に
異常をきたしているという説もあり、
これからの研究が待たれます。

 

思春期以降、女性のアスペルガー症候群は症状が悪化する?

スポンサーリンク

女性のアスペルガー症候群は思春期以降、
大人になるにつれて特徴的な
症状が現れやすい傾向にあります。

 

その中でも摂食障害を抱える女性には
アスペルガー症候群や自閉症スペクトラムに

 

関連した特徴を持っている人が
多いという報告もあります。

 

アスペルガー症候群の人は、
味覚や嗅覚が敏感なことや、
強いこだわりがあることで偏食になりがちです。

 

また、自分の外見について客観的に判断できないために、
過度なダイエットに走ってしまうこともあります。

 

また、脳での記憶の整理が上手く出来ないことで、
過去の記憶が突然呼び起こされ、

 

その時の感情や感覚が非常に鮮明に
体験できてしまうという特徴があります。

 

これをフラッシュバック現象とよび、
そのためにアスペルガー症候群の人は
トラウマを抱えやすいと知られています。

 

加えて、周囲からの情報(匂い、光、音など)を
集めすぎてしまい、脳の処理能力を超えて起こる

 

メルトダウン現象もパニック症状を
起こしてしまうため、問題となります。

 

女性は思春期以降、
ホルモンバランスが大きく変わるため、
心身症状により注意する必要があるでしょう。

スポンサーリンク