アスペルガーで大人の女性の症状とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーで大人の女性の症状」についてお話します。

 

アスペルガー症候群に男女の差はある?

 

アスペルガー症候群の症状には女性と
男性で共通していない部分があります。

 

このことは、以前
アスペルガー症候群 特徴 女性
でもご紹介しました。

 

同じアスペルガー症候群でも、
男女で症状に違いがあると
わかってきたのは最近のことです。

 

従来アスペルガー症候群として
認識されてきた症状は男性の症例を
基に積み上げられてきた臨床データです。

 

そのため、女性は男性に現れる主症状と
異なる状態であることが多く、

 

その存在は診断の網に掛からずに
見過ごされてきたということになります。

 

診断に引っかからないからと言って、
生活に支障が出ないということはありません。

 

アスペルガー症候群の女性たちは思春期以降、
大人になってより強いストレスと
戦いながら生活しています。

 

では、大人の女性のアスペルガー症候群とは
どのような特徴があるのでしょうか。

 

大人の女性のアスペルガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群は社会性に欠如があったり、
コミュニケーション力に問題があるものの、
知的には正常である発達障害です。

 

女性は、太古の昔から集団で生活し、
男性に比べると一般的に
コミュニケーション能力が高いという特徴があります。

スポンサーリンク

そのため、一般的に知られている
アスペルガー症候群の特徴となる症状が

 

女性が本来持つ特徴と相殺されて、
見えにくくなってしまいます。

 

社会性の欠如は男性ほど顕著でないにしろ、
健常者の女性に比べれば、
やはり劣ってしまうことが多く、

 

次第に集団から孤立してしまう
人間関係で悩む場面が増えてきます。

 

さらに、アスペルガー症候群の女性は
体調不良に悩まされたり、2次障害を
起こしてしまうことが多いと知られています。

 

体調不良とは具体的に、
慢性的な疲労感(時には動けないほどの)、

 

睡眠障害や月経前症候群(PMS)の症状が
重くなることが知られています。

 

アスペルガー症候群は
脳の機能障害であるために、

 

ホルモンの調節機能にも
障害が出る可能性が指摘されています。

 

そして2次障害とは、うつ病、パニック障害、
摂食障害など様々で、2次障害で病院を

 

受診した際にアスペルガー症候群と発覚した
ケースも珍しくないのです。

 

女性は特有の症状があることが分かってきた
アスペルガー症候群ですが、

 

小さいころから目を合わせることが苦手という人も多く、
対人関係に悩む場合は精神科など、
早めに医療機関へ相談することをお勧めします。

スポンサーリンク