アスペルガーの夫の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの夫の対処法」についてお話します。

 

夫がアスペルガー症候群?

 

アスペルガー症候群の人を伴侶に持つと、
どうしても話がかみ合わなかったり、

 

家庭に対する愛着が感じられないなど、
夫婦での生活に困難を感じることが多くあります。

 

この事実に関しては、以前、
旦那 アスペルガー 症状
でもお話させて頂きました。

 

アスペルガー症候群の人は家族でも友達でも、
人間関係の構築が非常に苦手です。

 

それは障害の特徴から起こるもので、
社会性、コミュニケーション、想像力という、
3つの能力に欠如が見られるのです。

 

普通は夫がアスペルガー症候群という
障害を持っていることを疑うことはないでしょう。

 

しかし、話しがかみ合わなかったり、
自分や家族に愛着を感じられない人と
生活するのは大変です。

 

夫がアスペルガー症候群の場合、
妻はカサンドラ症候群という病気を
発症しやすいことで知られています。

 

夫の行動から妻が精神的な負担を感じているときは、
精神科に相談しに行くことをお勧めします。

 

その時には、日頃の気になる行動や、
生活で決まったルーティンワークがあるか、

 

友達との付き合い方など、その人の特徴を
まとめたメモを持ってゆくと、診察がスムーズに進みます。

 

アスペルガー症候群の人は自分に障害があるとは
なかなか認めたがらないことが多いため、

 

妻が受けた診察で明日目ルガー症候群の
疑いがあるとわかっても本人を
病院へ連れていくことは至難の業です。

スポンサーリンク

ただ、一度、医師からしっかりとした説明を受ければ、
障害や自分の特性について理解する知能はあります。

 

本人が意識して障害の症状を改善することが出来れば、
夫婦での生活が向上する可能性があります。

 

夫がアスペルガー症候群の対処法

 

夫かアスペルガー症候群だとわかったら
どうすればいいのでしょうか?

 

個人の特性まで含めたアドバイスは
専門医にもらうのがい一番で、

 

成人のアスペルガー症候群に向けた
作業療法やプログラムを開催している医院もあります。

 

ここでは、アスペルガー症候群一般で
言える対処法をご紹介します。

 

アスペルガー症候群は言語力に障害が無い
と言われていますが、それは使う言葉の発達に
遅れが見られないという意味で、

 

他者から自分に向けられた言葉に対しては、
理解する力が乏しいという特徴があります。

 

言葉の裏の意味を読み取ったり、
比喩的な表現を理解できないことは
よく知られていますが、一般的な会話でも、

 

「はっきり言い過ぎたかな」

 

と思うくらいでないと
伝わらないこともあります。

 

加えて、一般的な常識ではなく、
マイルールが優先されることが多いため、

 

当たり前のことを期待せずに、
独自のルールを一緒に作り上げてゆくという

 

心構えで接する方が
ストレスを感じずに済むでしょう。

スポンサーリンク