アスペルガーの恋愛感情の特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの恋愛感情の特徴」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は知的障害を伴わない自閉症
(現在は自閉症スペクトラムという)です。
脳の器質的な特性による先天的な障害です。

 

自閉症ですから「ウィングの三つ組」
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)
を持ちます。

 

アスペルガーの恋愛感情の特徴とは?

 

人間にとって異性との関係をうまく築くことは、
同性との友人関係を築くよりも難しいものです。
しかし、同性だけの人間関係だけでなく異性との人間関係を築くことは、
人生をとても豊かにすることのできる大変大切なものです。

 

アスペルガー症候群の人たちも、誰かを好きになり、胸キュンとなる感情を持ちます。
ただ、その恋愛をする過程で定型発達の人たちとは違った特徴が出てくるのです。

 

1.相手の立場に立って相手の気持ちを考えることが苦手

 

いったん「この人のことが好き!」と思うと、その人のことだけを思い、
他のことが全く手につかなくなったり、その人に一途になりすぎて、
相手の自由を奪うなどの度を越えた行動に出ることがあります。

 

2.言語的なコミュニケーションは出来るが、
  空気を読むなど非言語コミュニケーションが苦手

 

表情などから相手の気持ちを読み取ったりすることが苦手なために、
好感を持たれていても、また逆に嫌悪感を持たれていても、
その感情が読み取れません。

 

3.気持ちを分かち合うことが苦手

 

相手と喜怒哀楽を共感するのが難しいです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人たちの恋愛での注意点とは?

 

大切な人間関係を長続きさせるためにはちょっとした注意点があります。
しかし、それを知っているか知らないかでは「今後」が大きく変わってきます。
しっかり理解してより良い人間関係を築いていきましょう。

 

1.アスペルガー症候群の特性を理解する

 

まずは本人が「自分はアスペルガー症候群である」ことを自覚し、
自分の特性を理解します。
周囲も「アスペルガー症候群」について理解し、
その人固有の特性をしっかり理解してあげる必要があります。

 

2.お互いのルールを決める

 

誤解を少なくして、大切な人間関係を長続きさせるために、具体的に話す、
曖昧な表現は使わない、傷ついたときは「傷ついた」ことを伝える、わからない
ときは何度でも聞くなどがあります。

 

3.相談できる機関を持つ

 

定期的に医療機関で主治医やカウンセラーに相談する、
福祉サービスを利用するなどして、
第三者の力を借りられるようにしておくことも重要です。

 

このようにアスペルガー症候群の大人であっても
上記したような特徴を理解しあえる、異性の相手がいたならば
「結婚生活」を送ることも、不可能ではありません。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
アスペルガーの「恋愛」関係について
お勉強して下さいね!

スポンサーリンク

アスペルガーの恋愛感情の特徴とは?記事一覧

ここでは、「アスペルガーの恋愛の執着」についてお話します。アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラムの中で知的障害を伴わないタイプです。自閉症スペクトラムなので「ウィングの三つ組」(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)を持つ、先天的な障害です。アスペルガー症候群の人たちも、胸キュンとなる感情は持ちます。しかし「アスペルガー 恋愛 感情 特徴」でもお話しましたが...

ここでは、「アスペルガーの特徴で恋愛」についてお話します。アスペルガー症候群と恋愛アスペルガー症候群の人にとって、恋愛は非常に難しいものです。この事実は以前、「アスペルガー 女性 恋愛」でもお話しました。健常者にとっても恋愛は難しいものですよね。どのような恋でも一筋縄ではいかないのか通常です。男女が恋愛関係に至るまでには、さまざまなコミュニケーションのテクニックが必要になります。人によっては感情的...

ここでは、「アスペルガーは結婚できないのか」についてお話します。アスペルガー症候群だと結婚できない?アスペルガー症候群はコミュニケーションに障害が出る一方、知的な部分には異常がない発達障害です。アスペルガー症候群は個人によって症状に大きな差があり、そのために診断を受けていない人もいます。そういった人たちはちょっと変わった人として扱われながらも、普通の人と同じ生活を送っていたり、結婚をしている人もい...