成人アスペルガーの治療とは?

スポンサーリンク

ここでは、「成人アスペルガーの治療」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の治療を受けるには?

 

アスペルガー症候群とは、知的には正常なものの、
社会性、コミュニケーション力、
想像力に障害のある発達障害です。

 

発達障害は先天的な脳の機能異常と考えられていて、
その原因や治療法が研究されています。

 

アスペルガー症候群は最近では認知度が
上がってきたものの、
まだまだ医学的な知見や世間の理解は乏しいのが現状です。

 

ここ何年かの幼児の定期検診では、
発達障害について厳しい目で
保健士や医師が診察します。

 

そこで、少しでも発達障害の疑い異があれば、
家庭での注意を促したり、
専門医の紹介をしてもらえます。

 

しかし、そういった診断の知見がなかった時代や、
軽度で検診で引っかからなかった場合には、
障害に気付かずに生活している人がたくさんいます。

 

子どものころに診断が下りていれば、「アスペルガー 子ども 療育
で紹介したような療育を受けることが出来ます。

 

療育は年齢が幼いうちに受けるほどその効果は高く、
支援を受けながら本人も周囲も過ごしやすい環境を
作り上げてゆくことが出来ます。

 

では、大人になって発達障害を疑ったときには
どのように対応すればよいのでしょうか。

 

まず、発達障害の診断を正確に受けることが重要です。
アスペルガー症候群はうつ病や
統合失調症と誤診されるケースがあります。

スポンサーリンク

発達障害の診断というのは、日頃の生活を観察したり、
子どものころからの経験など
詳細な問診が必要になります。

 

発達障害の専門家に診てもらえると良いのですが、
そういった専門家で成人を
診察している人は多くいません。

 

そのため、専門知識の少ない精神科の医師では、
少しの問診で精神疾患と
誤診してしまうことがあるのです。

 

そういったリスクを減らすためにも、
何件か病院を受診してみることをお勧めします。

 

特に大学病院の外来では、紹介状が必要だったり、
予約に数か月かかるなど、受診するのも大変なので、
しっかりと情報収集をしておいた方が良いでしょう。

 

アスペルガー症候群の治療に薬を使う時とは?

 

アスペルガー症候群を治療できる薬というのは存在しません。

 

しかし、アスペルガー症候群の人は
てんかんを併発しやすいことが分かっているため、
てんかん発作を鎮める薬が処方されることがあります。

 

そして、2次障害で起こるうつ病には、
抗うつ薬や気分安定薬で
症状を抑えることが出来ます。

 

アスペルガー症候群そのものを
治療することはできませんが、

 

対処療法薬がある症状に関しては、
薬の服用をすることが一般的です。

スポンサーリンク