アスペルガーの仕事でミスの特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの仕事でミスの特徴」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラムの中で知的障害のないタイプです。
脳の器質的な特性による先天的な障害で、ウィングの三つ組
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)
を持ちます。

 

アスペルガー 特徴 大人 仕事」でもお話しましたが、
アスペルガー症候群の人たちには、
定型発達の人にはまねの出来ない素晴らしい所がある反面、
人間関係の面で非常につまずきやすいという特徴があります。 

 

アスペルガー症候群の人たちは疲れやすいの?

 

アスペルガー症候群の人たちには、感覚に対する特異性
(感覚過敏、感覚鈍麻)があります。
そのために、定型発達の人たちよりも少ない刺激で反応するため、
疲れやすいといえます。

 

また、コミュニケーション面での弱さがあるため、
一度聞いただけでは理解できないために、何度も同じ事を聞き返したり、
意味を取り違えて注意されたりすることも多いため、疲れやすくなります。

 

アスペルガー症候群の人たちの仕事上のミスの特徴は?

 

1.同じ間違いを繰り返す

 

一度にたくさん言われても理解できないので、わかったことだけをします。
「分からなかった聞いてください!」と言われるので、
繰り返し同じ事を尋ねると、

スポンサーリンク

「この間も言いましたよね?何度同じ事を言わせるんですか!」となり、
どうしてよいのかを、自分では対応出来ないため、
「出来ることだけしかやらない」の繰り返しになります。

 

2.期限が守れない

 

仕事の段取りを自分で考え、それを管理するということはとても苦手です。

 

3.思うようにいかないとパニックになる

 

仕事の優先順位を決めることが出来ず仕事がたまる一方、
周囲からの刺激にも弱く感情をコントロールできなくなります。

 

4.臨機応変に対応出来ない

 

人を相手にする場合、話す内容だけではなく、
時間や場所などいわゆる空気を読んだ対応を要求されるが、
アスペルガー症候群の障害特性です。

 

つまり「人の顔色を見たり、場の空気を読むこと」はとても苦手なため、
相手がイライラしていることにも気付かず、
自分のペースで話をしてしまい失敗してしまいます。

 

5.忘れ物が多い

 

一つのことに集中すると、
他への気が回らなくなるため準備がうまく出来ません。

 

このように、アスペルガー症候群の人たちは、
仕事上でのミスも多いため、職場での同僚や、上司の人たちの、
「障害者に対する正しい理解と許容力」が、必須となります。

スポンサーリンク