アスペルガーへの仕事の教え方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーへの仕事の教え方」についてお話します。

 

アスペルガー症候群に大人になって気付いたら?

 

アスペルガー症候群は知的には問題がなく、
一見普通の人に見えます。

 

しかし、会話がかみ合わなかったり、
場違いな発言をしてしまうなど、
コミュニケーションの障害があります。

 

また、複数作業を同時進行できない、
急な予定変更に対応できないといった
特徴的な症状が現れる発達障害です。

 

アスペルガー症候群は自閉症と症状が
共通している部分がありますが、

 

自閉症と違って言葉の発達に遅れが
見られないために幼少期に
診断されていないことがあります。

 

アスペルガー症候群の人は得意な分野では、
膨大な知識をもっていたりするため、

 

学生生活では障害者ではなく、
優秀な人材として扱われていることもあります。

 

しかし、就職して仕事を始めると、
どうにも上手くいかずに上司に叱られてばかりだし、

 

一緒に仕事をする同僚とも業務上の
連絡が上手く取り合えない、
と感じて思い悩む場合があります。

スポンサーリンク

そういったコミュニケーションの
障害を持つのがアスペルガー症候群です。

 

障害は努力で何とかなるものではありません。

 

本人は障害を自覚したときに
適切な診察を受けることが必要です。

 

そして周囲は障害のある人への
対応を考える必要があります。

 

アスペルガー症候群の人と同じ職場で働くとは?

 

アスペルガー症候群の人は、
障害のために特有の行動を
取ってしまうことが多くあります。

 

周囲はその行動の意味をよく理解し、
ただ叱りつければ反省するだろう
という概念は捨てて接することをお勧めします。

 

まず、一番最初に出来ることは、
得意な仕事を多く回すように配置替えをしたり、
部署を変えることです。

 

アスペルガー症候群の人はチームで行う仕事よりも、
指示されたことを個人で作業する方が向いています。

 

また、あいまいな指示だと混乱するので、
明確に指示と納期を指定して、
口頭で確認にしたことをメモで渡すと良いでしょう。

 

はっきりとしたやり方が明示されていれば、
その規則に従った書類の確認作業や
書類審査に向いていると言えます。

スポンサーリンク