アスペルガーが仕事で成功するためには?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーが仕事で成功するためには?」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人が仕事で成功するには?

 

アスペルガー症候群の人が
向いている職業は専門職に多いです。

 

この件に関しては、以前別項の
アスペルガー 仕事 向いている
でもお話しました。

 

では、会社で働けないのかというと、
そうではありません。

 

アスペルガー症候群は個人個人で
その症状に違いがあるため、

 

ある程度のコミュニケーションが取れ、
ビジネスマナーも身に付けられるタイプの人であれば、
会社で働くことも可能です。

 

会社によって、発達障害への理解度は全く異なるため、
合った職場、合った職種に出会うための
ジョブマッチングが重要になります。

 

その他に、職場でジョブコーチ
という制度を利用する方法があります。

 

ジョブコーチが付くことで、
その測場での働きやすさが全く異なると知られており、
障害から起こりうるトラブルを防ぐことが出来ます。

 

また、ジョブコーチは無料で
受けられる支援制度なので、

 

障害を持つ人も会社側も積極的に
利用することをお勧めします。

 

ジョブコーチとは?

 

アスペルガー症候群の人は
コミュニケーションが不得意なために、

 

職場ではなかなか周囲に助けを求められなかったりして、
トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

トラブルが続くと、会社に居づらくなってしまい、
最終的には離職してしまう人が数多くいます。

 

そういった障害の特性から起こる問題を
未然に防ぐためにサポートしてくれるのがジョブコーチです。

 

ジョブコーチは障害を持つ本人と、
会社で一緒に働く人の両方を相補的に支援してくれるため、
職場での障害の理解も進みます。

 

周囲の意図が障害のことを理解しているだけで、
仕事の効率は全く変わってきます。

 

例えば、大人になり、社会生活を始めると、
言わなくても分かるだろう、といった
暗黙の了解がたくさん現れます。

 

しかし、アスペルガー症候群には
その暗黙の了解が分かりません。

 

同僚はわかっているだろう、
と思ったことをアスペルガー症候群の人が
分かっていないと、それはトラブルのもととなります。

 

そういったことが起こらないように、
ジョブコーチはアスペルガー症候群の人への
仕事の指示の出し方を提案したり、

 

会社で行う仕事の予定表を作る
といったサポートをしてくれます。

 

ジョブコーチにより、支援の範囲は異なりますが、
会社への就職面接へ付き添って
もらえる場合もあるようです。

 

ジョブコーチの派遣は、
会社側の了解を得ていることが前提で、
市域の障害者職業センターに依頼することが出来ます。

 

ジョブコーチのサポート期間は就労から
2か月から4か月程度と、その期間は十分に
自立できるまで設定されています。

スポンサーリンク