アスペルガーの仕事が続かない理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの仕事が続かない理由」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は現在「自閉症スペクトラム」と言われていますが、
知的障害のない自閉症のことです。

 

自閉症なので「ウィングの三つ組」
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、
イマジネーションの質的障害)を持ち、個々によって様々な特性を示します。

 

アスペルガー症候群の人たちの仕事選びのポイントは?

 

「アスペルガー 就職率 低い 原因」のところでもお話しましたが、
自分のアスペルガー症候群の特性を生かせる職業を選ぶことがとても大切です。
単に好きだから、高給だからと選ぶのは失敗する確率を上げてしまいます。
自分の特性をしっかりと把握し、職業選択をしましょう。

 

アスペルガー症候群の人たちの適職とは?

 

「アスペルガー 就職率 低い 原因」でもお話した通り、
アスペルガー症候群に向いている仕事
(目に見えるものを扱う、臨機応変さを要求されない、集中力が必要)
には次のようなものがあります。

 

コンピュータのプログラマー、Webデザイナー、広告デザイナー、
ゲームクリエーター、CGアニメーター、工業デザイナー、設計士、
コンピュータ修理、各種機械の修理、エンジニア、校正、在庫管理、会計士、
図書館員、楽器の調律師、ファイリングなどの書類管理を業務とする事務職。

 

また、科学者などです。

 

有名な科学者では、かのアインシュタイン博士も、
「アスペルガー症候群ではなかったのか?」
という噂がネット上には、存在しています。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人たちに不向きな仕事とは?

 

1.臨機応変さを要求されるもの

 

電話のオペレーター、予約の受付、航空管制官、旅行代理店などです。

 

2.人の心情を読んだり先を予測した動きを要求されるもの

 

先物取引のディーラーなどです。

 

3.マネジメントなどの人間関係が複雑に絡むもの

 

会社の人事担当などです。

 

4.同時に複数の業務の進行を要求されるもの

 

レジ係、レストランなどの調理師、ウエイトレス、ウエイター、
タクシーの配車係などが挙げられます。

 

アスペルガーの仕事が続かない理由とは?

 

もちろん、上記の職業についてもうまく働けている人もいます。
しかし、どこかでかなりのストレスを感じ、無理をしているといえます。
仕事を辞めなければならなくなるまで頑張り過ぎ、
精神的にも病んでしまうと次の職になかなかつけなくなってしまいます。

 

「自分はダメ人間かも知れない」「これも自分には無理かも」と、
仕事についても続かなくなってしまう理由だと言えます。

 

自分の特性を十分に理解し、就職支援の専門家の力を借りながら、
就職を考えていくことが失敗し難くなるポイントです。

 

また、企業によっては「障害者採用枠」を設けているところもあります。
そうしたものを利用するのも、仕事を長続きさせるポイントです。

スポンサーリンク