アスペルガーの症状で子供の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの症状で子供の時」についてお話します。

 

アスペルガー症候群は昔なかった?

 

アスペルガー症候群は知的障害のない自閉症と言われます。

 

自閉症は言葉の遅れが出るなどして、
2、3歳ごろには親が異変に気付くものですが、
アスペルガー症候群は言葉の発達は正常で、

 

大人が使うような言葉でも知っていることがあるため、
個性なのか障害なのか見分けにくいという特徴があります。

 

実は発達障害と言う言葉はごく最近、
使われるようになった言葉で、
昔は個性として扱われていた範囲の個人の特徴も含んでいます。

 

昔は、個性的で付き合いにくい人だな、
で済んでいた(済まされていた)ものが、
今では発達障害と言う診断が下るようになったのはなぜでしょうか?

 

その理由の一つに、社会の変化があります。

 

普通の人、健常者以外を障害者と、ひと
くくりにした方が、統一した仕組みで
物事を勧めることが出来ます。

 

障害者を健常者と区別することで、
発達障害の子が授業に全くついてゆけず、
学校に通っても何も身につかないという事態を避けられます。

 

そして、もう一つは産業の変化です。

 

昔は農業や工業といった産業が中心で、
単一の作業をこなしてゆく仕事が多くありました。

 

しかし、今はサービス業などの第三次産業が中心です。

スポンサーリンク

サービス業は、お客さんのリクエストに応える
といった臨機応変な対応が必要な仕事です。

 

これは、発達障害の人にはとても難しい仕事の1つです。

 

そのため、社会の中で自立してゆけない
可能性のある人を早めに見つけ、
訓練し教育してゆくことが大切になってきました。

 

発達障害の人の障害を軽くし、
社会生活に対応できるようになるには、
幼いころからの療育が重要で、

 

療育を早期に始めれば始めるほど
その効果は高いとわかっています。

 

アスペルガー症候群の子どもの症状とは?

 

可能な限り発達障害は早期に発見することが大切です。

 

それは、療育の効果が、年齢が低いときに
始めた方が効果的だと分かっているからです。

 

アスペルガー症候群の子供にみられる症状を
見逃さないことが大切になります。

 

アスペルガー症候群の子どもは、
親が怒っておるときでも、
その表情や空気を読み取れなかったり、

 

一人で遊んでいることが多い、
いつもの予定が狂うと混乱する(柔軟な対応が出来ない)、

 

得意な教科と不得意なものに大きな差がある、
といった症状があります。

 

気になることがあれば、保健センターに相談すれば、
色々なことをアドバイスしてもらえるでしょう。

スポンサーリンク