アスペルガーの症状で成人とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの症状で成人」についてお話します。

 

大人のアスペルガー症候群の症状とは?

 

アスペルガー症候群は、「アスペルガー症候群 チェックリスト」
でも紹介した通り、対人関係やコミュニケーションに対して

 

苦痛を感じる人がたくさんいて、
ストレスを感じながら生活している場合が多いです。

 

では、具体的には、どのような症状があるのでしょうか。

 

まず、一番に挙げられるのがコミュニケーションの障害で、
話し相手と意思疎通ができないことがあります。

 

成人の症状として問題となるのが
仕事上の指示について理解できなかったり、
意味を取り間違えてしまうことです。

 

例えば、2つ仕事をもらったときに、
1つは納期が示されて、
もう1つは余裕のある時にやっておいて、
と言われたとしましょう。

 

アスペルガー症候群の人は、
納期のある方の仕事は期日までにしっかりと仕上げます。

 

しかし、余裕のある時にやってと言われた方の仕事は、
本当に余裕のある時にまで手を付けません。

 

この例からも分かるように、アスペルガー症候群の人は、
文字通りの意味を取ってしまうための
トラブルが起きやすいと言えます。

 

また、あいまいな表現を理解することが苦手で、
言葉を濁した言い方をすると、
全く理解出来なくなってしまいます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は
情報の受け取りにも障害がありますし、
発信する側となっても困ることがあります。

 

アスペルガー症候群の人は、正直すぎるのです。

 

例えば、太っているね、や、その香水くさいよ、など、
相手が傷つくことでも平気で言ってしまいます。

 

ストレートすぎる言い方は、
相手を不快にさせてしまうこともあるため、
NGワードを挙げて覚えておくことをお勧めします。

 

アスペルガー症候群は自分勝手にみられる?

 

アスペルガー症候群の人はストレートすぎる物言いや、
場の空気が読めないことから、
大勢のグループでいることが苦手です。

 

また、社会的なルールよりも
自分のルールが優先であるため、
とても自分勝手に振舞っているように見えます。

 

そういった症状から、グループの中で孤立してしまったり、
友人関係が上手く築けないことがあり、

 

周囲からは自己中なやつで周りに合わせられない、
と思われてしまいます。

 

アスペルガー症候群の人は人から嫌われても
全く意に介さない人もいますし、

 

嫌われた経験から人と接すること自体に
恐怖心を抱いてしまうことがあります。

スポンサーリンク