アスペルガーの特徴で0歳とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴で0歳」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴とは?

 

アスペルガー症候群とは、
知的また言語発達に遅れを伴わない発達障害の1つで、
コミュニケーション能力に障害があることが特徴です。

 

「アスペルガー症候群 診断 テスト 幼児」でも紹介した通り、
幼いころにアスペルガー症候群の子と
健常児を見分けることは非常に難しいことが知られています。

 

特に0歳や1歳といった赤ちゃんでは、
ほとんどの子が社会性を持った行動をしませんし、

 

健常児でも言葉が遅れることがあったりと、
発達には大きな個人差があります。

 

そのため、

 

「これ!」

 

といった確実な見分け方がないのが現状で、
軽度ともなれば大人になっても
アスペルガー症候群と診断されていない人さえいます。

 

現在まででわかっているアスペルガー症候群の
赤ちゃんが取りやすい行動が発表されているため、
それらをご紹介します。

 

これから紹介する特徴はあくまで、
アスペルガー症候群などの発達障害を抱えた
赤ちゃんがとることの多い特徴です。

 

健常児でも月齢や発達の具合で、
そのようになることもありますし、
あくまで目安ということに留意してください。

 

・目が合わない

スポンサーリンク

赤ちゃんはお母さんの顔を見つめるものですが、
アスペルガー症候群や自閉症の赤ちゃんは
目を合わせてくれない子が多くいます。

 

・聴覚過敏

 

大きな音や騒がしいところを嫌がり、
泣くという特徴があります。

 

・興味のあるものに集中する

 

赤ちゃんは興味のあるものがころころ変わり、
集中しないことが特徴ですが、

 

アスペルガー症候群や自閉症の赤ちゃんは
自分の興味のあるもの(特に丸いもの)に
異様なほど興味を示し、見つめます。

 

赤ちゃんにアスペルガー症候群の特徴がある時の対応

 

アスペルガー症候群を含む発達障害は
幼いときに療育を受けたか受けないかでは
その後の成長に差が現れてきます。

 

子どもの行動にに何か違和感を感じたら、
保健センターに相談したり、

 

療育センターや小児発達外来を
受診することをお勧めします。

 

アスペルガー症候群の診断が出来るのは
3歳から4歳以上という場合が多いのですが、
発達障害の傾向があれば対応が取りやすくなります。

 

脳の発達は3歳ごろまでが一番活発なので、
療育を受けるとしても
早いうちに始める方が効果的なのです。

スポンサーリンク