軽度のアスペルガーの特徴とは?

スポンサーリンク

ここでは、「軽度のアスペルガーの特徴」についてお話します。

 

実際に病気とまではいかなくとも、
その気質や性質に似ている部分があるかもれません。
その場合、二次疾患や人付き合いなどの社会生活に支障を来す可能性があるため、
早めに診療内科等へ受診する必要がでてきます。

 

軽度のアスペルガー症候群患者に見られる兆候とは?

 

まず知っておいてもらいたいのは、アスペルガー症候群という病気は、
軽度であってもその症状が幅広く、浅いたくさん症例が出るケースもあれば、
集中的に特化してある症例が出ることもあるということです。

 

そのため、単なる「性格」と間違われ、集団生活や社会生活において、
外されたり軽蔑されたりといったことも生じてきてしまうのです。
簡単な症例を紹介しておくと、
まずコミュニケーションがうまくとれないといったことです。

 

何気ない会話の中でも「空気が読めない」と思う、または言う人がいますが、
実はアスペルガー症候群の特徴の一つにこれも該当します。

スポンサーリンク

患者は、周囲への配慮に疎くなってしまい、
つい本音(思っていても口にだすべきでないこと)をハッキリ言ってしまったり、
雰囲気の違い(普通の人なら気づいてあげられること)や、
場の空気の変化に気づかないケースがあります。

 

また、このため、集団生活や集団行動を苦手と感じる患者が大半です。
自分に悪気がなくても、以前に言ってしまったことで人間関係の構築に悩み、
グループに行きづらくなってしまうのです。

 

極端にいえば、周囲に馴染めず、
最終的には生きづらいと感じて自らを責めて、
命を絶ってしまうことすらあるのです。

 

ただ、天才科学者のように、独特な感性を持っていたり、
素直だからこそ分かることも多々あるのも事実で、
実は芸術面や科学面において活躍している人も多数いるのです。

 

それゆえ、ネガティブなイメージを持つのはやめて、
ストイックや独特の世界観を持っている、
というようなプラスの理解をするようにしましょう。

スポンサーリンク