アスペルガーの子供の特徴への対応とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の子供に対する正しい対応の仕方」を教えます。

 

単なる「変わり者」として彼らを扱ってしまうと、
アスペルガーは発達障害ならびに脳の障害の一つですから、
当事者の苦しみが増すばかりです。

 

さらに対応を少しでも間違えて接してしまう(無理やり治そうとしたりなど)と、
二次障害の併発を引き起こす可能性もあります。
正しい対応を取ることで、相互に理解を深め合い、
互いに良い関係を築くために必要な知識です。

 

また、彼らには秀でた才能を秘めている可能性がありますから、
それを充分に開花させてあげることにも繋がります。
それなので、ただしく理解を深めた上で接する様にこころがけましょう。

 

アスペルガーの子供、どう対応したらいいの?

 

アスペルガー症候群の症状としては、繰り返しになりますが、主に3つです。
コミュニケーション能力、社会性、そして想像力の欠如です。
これらは前提条件として知っておいてください。

 

まず結論からいうと、アスペルガー症候群を治す方法は現在見つかっていません。
それなので、矯正的に治そうとするのではなく患者を正しい姿勢で受け入れ、
尊重しながら成長を見守る必要があります。

スポンサーリンク

具体的な対応とは?

 

たとえば、アスペルガー症候群の子供は一度に複数のことを指示されると
パニックになってしまいます。
それなので、指示は一つ一つ簡潔に短く出すようにしましょう。

 

また、言葉の意図や真意を汲み取ることが苦手なので、言葉だけでなく、
ジェスチャーやイラストなどを使って教育するのも効果的だといえます。
そして一番してはいけないのが「否定的にしかる」ことです。

 

「ダメ」というのではなく、「こうしましょう」というように、
言葉を置き換えて矯正していくようにしましょう。

 

また無理難題を押し付けたり、身体を過度に触ったり、
ということを嫌う傾向があることがわかっていますので、
その辺りにも注意を細心の注意を払う必要があります。

 

ここで重要なのは、彼らを「面倒くさい存在」とみるのではなく、
「繊細な人」と見る姿勢なのです。
その姿勢が一番大切だと言えます。

スポンサーリンク