アスペルガーの特徴で恋愛とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴で恋愛」についてお話します。

 

アスペルガー症候群と恋愛

 

アスペルガー症候群の人にとって、
恋愛は非常に難しいものです。

 

この事実は以前、
アスペルガー 女性 恋愛」でもお話しました。

 

健常者にとっても恋愛は難しいものですよね。
どのような恋でも一筋縄ではいかないのか通常です。

 

男女が恋愛関係に至るまでには、
さまざまなコミュニケーションの
テクニックが必要になります。

 

人によっては感情的になって
心にもないことを言ってしまう、
という場面も少なくありません。

 

アスペルガー症候群の人たちは
総じてコミュニケーションに
何らかの形で問題があることが多いです。

 

また、会話中に相手の言葉の真意を読み取る
想像力が不足しているため、

 

恋愛的なコミュニケーションには
向いていないと言えます。

 

恋愛的なコミュニケーションとは、
例えば、女性が明らかに何か不機嫌そうなときに男性は、

 

「どうしたの?」

 

と聞くときがありますね。

 

女性はもちろん

 

「何でもない(怒)」

 

と、感情とは裏腹の言葉を使って、
気を使ってほしい、優しくしてほしい、
というアピールをします。

 

このような場面で、健常者の男性ならば、
何か怒っているから一旦はそっとしておいて、

スポンサーリンク

後で落ち着いたときに聞いてみよう、
など、女性へ配慮を見せることが多くあります。

 

しかし、男性がアスペルガー症候群の場合は、

 

「何でもない」

 

という返事をそのまま受け取り、
何でもなかったとして問題があることに気付けないのです。

 

また、重度の場合は女性が不機嫌なことにも
気付けない事もあるでしょう。

 

こういった例からも分かるように、
恋愛には相手の気持ちを読み取ったり、
想像する力が必要になります。

 

そのため、アスペルガー症候群の人は
恋愛に奥手になってしまうのです。

 

アスペルガー症候群の特徴が恋愛に及ぼす影響

 

アスペルガー症候群の人はコミュニケーションが苦手で、
幼いころから集団に馴染むことが難しく、
対人関係を築くことに消極的になってしまう時があります。

 

特に恋愛は、親密な対人関係を築いてゆこう、
という約束をするわけですから、
大きなストレスを抱えてしまうでしょう。

 

アスペルガー症候群の人は感情を表に出すのが苦手な一方、
爆発的な感情は抑えられないという特徴があります。

 

そのため、一方的に感情を
ぶつけてしまうことも起こります。

 

しかし、アスペルガー症候群の人は素直で一途です。

 

嘘もついたりしませんので、良い関係を気付き本人も相手も、
障害に対する深い理解を持っていれば、
恋愛は上手くゆくでしょう。

スポンサーリンク