アスペルガーの特徴で仕事は何が適職なの?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴で仕事は何が適職なのか」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人が特徴を生かせる仕事

 

アスペルガー症候群の人はチームで行う仕事よりも、
個人で行う仕事の方がその特徴を生かして

 

活躍できる可能性が高くなることは、
アスペルガー 仕事 向いている」でもご紹介しました。

 

アスペルガー症候群はコミュニケーションや
社会性の障害がありますがその程度によって、

 

ルールや伝え方への工夫があれば、
問題なく社会生活を送ってゆけます。

 

規則的なことを好み、
好きなことへは集中して取り組み、
適職に着けば、健常者以上の能力を発揮できます。

 

また、新しい課題に取り組むことは苦手で、
ある法則にしたがっていたり、
経験済みのことを繰り返す方が向いています。

 

一人での作業の方が集中でき、
また、周囲から聞こえる音などの刺激に

 

過敏に反応してしまうこともあるため、
静かな環境も必要なことがあるでしょう。

 

人によっては数字が得意だったり、
芸術的なセンスがあったり、
手先が器用など、その得意分野は様々です。

 

例えば、プログラマーや機械のデザイン、
機械の修理士、楽器の調律師
などの職業に就く人もいます。

スポンサーリンク

特にプログラミングでは高い能力を
発揮できることも少なくありません。

 

アスペルガー症候群の人は
自分に向いている仕事をどうやて探せばいい?

 

アスペルガー症候群の人が適職を探すときには、
自分の得意なことと、苦手なこと、
両方をよく理解することをお勧めします。

 

得意なこととしては、計算が得意で数字に強い、
絶対音感がある、手先が器用などです。

 

一方、苦手なこととは、
複数の作業を同時に進められない、
人と話すことが苦手、絵を描くことが苦手、などです。

 

また、アスペルガー症候群全般の特徴として、
予測していなかった状況に臨機応変な対応をすることが難しい、

 

人の表情や意味を含んだような言い方を理解できない、
という特徴があります。

 

障害の程度は人それぞれなので、
ビジネスマナーをしっかりと学んでいれば、
それを破るような人はいませんし、

 

基本的に非常にまじめなので
勤務態度に関しては問題ないでしょう。

 

障害者手帳を持っている人は、
障害者枠という採用もあるため、
行政の支援を受けたり、

 

大手の就職エージェントを利用して
就職活動を行うこともできます。

スポンサーリンク