アスペルガーの特徴をチェックする方法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴をチェックする方法」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の特徴とは?

 

アスペルガー症候群とは、
知的な障害を伴わない自閉症と言われます。

 

このことは、本カテゴリー記事である、
アスペルガー症候群 チェックリスト」でもご紹介しました。

 

自閉症というと、手をひらひらさせていたり、
何かをぶつぶつとつぶやいている、
視線が合わないという特徴を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

しかし、アスペルガー症候群は、
より分かりにくい形で自閉症と共通した症状が現れます。

 

そのため、障害への理解がされずに
苦しんでいる人もいます。

 

アスペルガー症候群の特徴とは、
コミュニケーションの障害と、

 

社会性の欠如といった
集団生活を送る上で問題となる症状と、

 

ものや習慣へのこだわりが挙げられます。

 

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

 

まず、コミュニケーションの障害とは、
言葉の裏の意味を想像したり、

 

同じ言葉でも声のトーンや表情と
合わせた意味を解釈することが出来ません。

 

例えば、

 

「お風呂見てきて」

 

と言われれば、本当にただ見てくる、
という行動を取ります。

 

実際には、お風呂を見て、

 

「お湯が溜まっていたらお湯を止めてきてね」

 

という意味で頼まれているのですが、
アスペルガー症候群の人は文字通りの
意味で受け取ってしまうのです。

スポンサーリンク

次に社会性の欠如については、
集団の調和がとれなかったり、
暗黙の了解といったルールに従えない傾向が強くなります。

 

「空気が読めない」

 

という言葉をよく聞きますよね。

 

場の空気が読めないとは、
その場にそぐわない発言・表情・行動を
してしまうことを指します。

 

アスペルガー症候群の人は、
例えば職場で上司が機嫌が悪いのに、
お構いなしに仕事の相談をしに行くといった行動で、

 

不運な時には八つ当たりされてしまったり、
トラブルの中心になってしまうことがあります。

 

最後に物事へのこだわりについては、
興味があるものへ過剰なほどの執着したり、
集中して取り組んだりします。

 

アスペルガーの特徴をチェックする方法とは?

 

アスペルガー症候群の疑いがあるときは、
専門医に診断を!と焦ってしまうかもしれません。

 

しかし、児童精神科や発達外来は数か月先まで
予約がいっぱいだったりして、

 

「まずは保健センターへ連絡してください」

 

と、門前払いされてしまうこともあります。

 

子どもの場合では保健センターや
子育て支援センターといった場所で、
相談窓口が開設されているため利用すると良いでしょう。

 

大人では、発達障害者支援センター、
就業支援センターなどで相談できます。

 

まずは電話で問い合わせをしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク