アスペルガーの中学生の療育とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー症候群の中学生についての療育」について解説致します。

 

アスペルガー症候群は年齢を重ねるごとにその症状に苦しむ患者が増えていきます。

 

それはアスペルガー症候群の3つの特徴
(コミュニケーション能力の欠如、社会性の欠如、想像力の欠如)が
顕著に表れてくるからです。

 

特に思春期・反抗期にあたる中学生では、
集団行動や社会的な行動も必要とされるようになります。
その中でどう接して療育すればいいのか説明致します。

 

どう接すればいいの?

 

まず、集団行動で孤立しないように周囲に理解を求めましょう。
あらかじめ学校側とも連携をし、情報共有の場を作っておくことが先決です。
そして、「アスペルガー 幼児 療育」でも述べているように、
ルールをきちんとしつけましょう。

 

ただ、注意してしつけるのではなく、
「こうしましょう」と肯定的に修正することを忘れないでください。

スポンサーリンク

また多感な時期で、好奇心も旺盛になりますから、
夢中になれることが見つかったら、それに没頭させるのもいいでしょう。

 

その分野において(たとえば芸術など)もしかしたら、
才能を秘めている可能性があるからです。
ただ無理をさせないように心がけましょう。

 

アスペルガー症候群の患者は自分の興味分野にはとことん追究したがったり、
こだわりを持っているので、集中し過ぎるところが見受けられます。
上手に、否定せずに肯定的に興味関心分野とも付き合っていく必要があります。

 

何が大切なの?

 

周囲の理解、学校や地域社会との連携して療育することが必要ですが、
療育をきちんと行っても、必ずしも全てうまくいくわけではありません。
少なくとも療育を通して患者の負担軽減であったり、
適切な社会生活を歩む(うまくアスペルガーと付き合いながら)ことも充分可能です。

 

何に興味関心を抱いていて、どう療育すべきなのかを見極める必要があります。
まずはあくまで、自分の子供が今どの段階にいるのかを、
把握することが何よりも大切です。

スポンサーリンク