アスペルガーは嘘つきなの?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガー患者が嘘をつくのか?」という疑問にお答えします。

 

アスペルガーは嘘はつくの?

 

結論から言います。
基本的に、アスペルガー症候群や他の発達障害の人は嘘をつきません。
そもそもつけません。

 

もしかりに嘘をついてもすぐにバレてしまいます。
なぜなら、アスペルガーの患者は他人の行動や思考、
言動を汲み取るのが苦手なように、
自分の表情や言動をコントロールするのが苦手だからです。

 

この場合、無表情で何も考えられなくなります。
または何を考えればよいのか分からない状態にあります。
中には、「僕はアスペルガーだから嘘をつかない、と嘘をいう」と
言っている人がネット上でも社会にでてもいますが、デタラメで根拠がありません。

 

実際、アスペルガーを含む発達障害の人の多くは素直で純粋なのです。
それが元で人を傷つけてしまったり、人間関係がうまくいかなかったり、
ということはありますが、自ら関係を壊そうとしているわけではないのだ、
ということだけは理解しておいてください。

スポンサーリンク

融通が利かない人と捉えないで!

 

また、もし嘘をつく場合があったとしたら、それは防衛本能の一つです。
他の人から何か一つ言葉を翻されただけであっても、
アスペルガーの人にとっては「自分を否定された」と勘違いし、
大声で罵ってみたり、危険な行動に出たりします。

 

それは誰もが持っている「自分を守りたい」という願望が強く、
自分自身を守るために仕方なくそうしているのです。
一見大声で本音をとうとうぶちまけたか、なんて思われるかもしれません。

 

でも、違います。
自分を守る為に必死にその場を取り繕おうとする、
不器用で繊細な部分の表れなのです。

 

これは心理学的にも防衛本能として認識されています。
人一倍繊細なアスペルガー患者と向き合って、
まず分かってあげることの方が大切なのです。

 

ですから、嘘もつけない、融通の利かない人、ではなく、
嘘をつくことができないほど人一倍繊細で、
心優しい純粋な人たちなのだと理解してください。

スポンサーリンク