アスペルガーの特徴で大人の仕事での注意点とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの特徴で大人の仕事での注意点」についてお話します。

 

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)は、
脳の器質的な特性による先天的な障害です。

 

知的障害を伴わないために周囲にも気付かれ難く、
幼少期から「本人の努力不足」、「性格の問題」とされ続け、
大人になる頃には二次障害として精神障害を併発していることも多く、
まずは、アスペルガー症候群を正しく理解することがとても重要です。

 

アスペルガー症候群の大人の特徴は?

 

「アスペルガー症候群 大人 対処方法 特徴」でもお話しましたが、
アスペルガー症候群は自閉症スペクトラム(自閉症)なので、

 

ウィングの三つ組
(対人関係の特異性、コミュニケーションの質的障害、イマジネーションの質的障害)
を持ちます。

 

知的障害はありませんから、知的能力は普通からそれ以上です。

 

1.アスペルガー症候群の大人の長所

 

自分の専門分野においての知識はとても豊富で、
類まれな集中力や優れた記憶力があります。
決まりごとはきちんと守る真面目さがあります。

 

2.アスペルガー症候群の大人の短所

 

自分が話すには困らないが、人の話を聞けない、
表情や雰囲気から人の気持ちを読み取れないために、

スポンサーリンク

職場の上司や同僚とうまく人間関係が築けない、
その場に合った言動や行動が出来ない、
予定外の出来事に対応できずパニックに陥ることがあるなどです。

 

アスペルガー症候群の大人が仕事につくとどうなるの?

 

1.アスペルガー症候群を正しく理解している職場の場合

 

トラブルを起こしても、障害特性に合った対応をしてくれ、
職場の一員として受け入れてくれる。

 

2.アスペルガー症候群を正しく理解していない職場の場合

 

トラブルを起こすと、上司や同僚から厳しく指導されたり、仲間はずれにされたり、
場合によっては減給、解雇となる。

 

アスペルガーの特徴で大人の仕事での注意点とは?

 

「障害を持った人への理解度が高い」ということが前提ですが、
是非、自分がアスペルガー症候群であることを伝えましょう。
また、人間関係で欠かせないのが「気持ちの共有」です。

 

しかし、障害特性で相手の気持ちがわかりにくいこと、
言ってはいけないこと(相手の容姿についてなど)が、
分かりにくいことを伝えておきましょう。

 

もし自分の言動で傷ついたら、教えて欲しいことも言っておきましょう。
アスペルガー症候群であることを知らないために傷つけられるより、
知っているほうが相手の傷つき方ははるかに軽く、
無用なトラブルを回避できます。

スポンサーリンク