アスペルガーの幼稚園の療育とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの幼稚園の療育」についてお話します。

 

アスペルガー症候群と診断されたら幼稚園に通えるの?

 

アスペルガー症候群は言葉や
知的な発達は正常である者の、

 

コミュニケーションや
社会性に障害が現れる発達障害です。

 

アスペルガー症候群は
自閉症と共通した症状があり、
高機能自閉症ともいわれることがあります。

 

言葉からも分かるように、
自閉症よりもその診断は難しくなり、

 

子どもによっては個性ともとれるレベルの
症状で留まることもあります。

 

しかし、発達障害を抱えるということは、
他の子と一緒の行動をとることが
難しい場面も多くなり、お母さんやお父さんも

 

「育てにくさ」

 

を感じていることが多いのです。

 

もし、幼稚園でトラブルが続くようであれば、
一度、保健センターや療育センターに
相談に行くことをお勧めします。

 

アスペルガー症候群との診断がされれば、
療育プログラムを開始することになります。

 

療育とは、治療と教育を合わせたもので、
日常生活の困ったことを
改善するためのトレーニングと

 

個性(長所)を見つけて
伸ばしていくことを目標とします。

 

幼稚園に通いながら療育を
受けることもできるので、

スポンサーリンク

園の受け入れ態勢も確認し、
今後の方針を決めましょう。

 

障害児枠とは?

 

お父さんとお母さん、
2人ともがお仕事をしている場合、
お子さんは保育園に通うことが多いでしょう。

 

保育園には障害児枠という、
障害と診断された幼児が通園できる
人数制限が各保育園に設けてあります。

 

そのため、アスペルガー症候群
と診断されている子どもを保育園に

 

通わせたいと思っても人数制限に
引っかかって難しいことがあります。

 

一方、幼稚園は私立であることがほとんどなので、
対応は園により様々です。

 

健常児の子と一緒に過ごすことは、
障害を持つ子にとって
良い刺激となることもあります。

 

しかし、子ども本人が園生活を楽しめていないときは
思い切って療育施設に通園することも考えましょう。

 

健常児と離れて生活すると、
後に健常者の社会と距離を
とってしまうことにつながる可能性もありますが、

 

療育施設は専門家の先生たちが見てくれるため、
その子にあったプログラムを作るため
ストレスは軽減されます。

 

療育施設に通うと障害に関する情報の量も違います。

 

療育施設では年上の子や
卒業生に関することも分かるため、
子供が成長するイメージも掴めるでしょう。

スポンサーリンク