アスペルガーの幼児の原因とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの幼児の原因」について解説いたします。

 

今のところ、アスペルガー症候群の原因についてはハッキリわかっていませんが、
先天的(遺伝)な見方と後天的な見方をする科学者がいます。

 

現在では先天的な病気という考え方を支持する学者が多く、
家庭環境には関係ないとされています。

 

アスペルガーは先天的なの?

 

まず、アスペルガーの先天性についてですが、
こう見る科学者多いのには理由があります。

 

アスペルガー 遺伝 兄弟」でもお話しましたが、
双子を両親がもうける場合、一卵性双生児の方が二卵性双生児よりも
確実に高い確率で発症するという報告がなされているからです。

 

また、脳の発達障害であることからも、
先天性の傾向が強いと見る科学者が多いのです。

 

実際、専門医でもこちら側を支持する学者も多く、
先天性の「脳の病気」と定義しています。
この場合、後天的な家庭環境などが原因とは考えづらいのです
(脳の「発達障害」と家庭環境には因果関係がないので)。

スポンサーリンク

アスペルガーは後天的?

 

アスペルガー症候群が後天的であるという見方は、
先天的を支持する学者によって否定されています。
知的障害を持たない「脳の発達障害」だからです。

 

ただ、後天的と捉えられる理由は発症の発見が遅れ、大人、
もしくは中高生になってから気づくケースが多いからなのです。

 

子供の頃は気づかなくとも、大人になって、
一度に複数の行動ができなかったり、集団行動が苦手だったり、
とするとこの病気を疑い、思い返してみれば、幼児期からそうだった、
と合点いく人が多いのです。

 

ただ、いずれにしてもこの場合、アスペルガー症候群の発症、
もしくは、違う精神疾患の可能性も疑われますので、
早めに専門医に相談するのが良いといえます。

 

また家庭環境に関して、アスぺルガーの発症、
または他の精神疾患の発症を考えると、
親の愛情不足や過度の期待などのストレスが考えられますので、
子供の成長の度合いに見合った方法で、うまく子育てする必要があるのです。

スポンサーリンク