アスペルガーの幼児の療育とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの幼児の療育」について解説いたします。

 

「アスペルガー 幼児 対応」のページで述べているように、
適切な対応を取らないとかえって患者を苦しませてしまうことになってしまうので、
正しく理解して、療育しましょう。
ここでは情報共有の必要性が療育に繋がることを説明いたします。

 

幼児の療育って?

 

幼児が最初に触れ合う社会生活として幼稚園や保育園が挙げられます。
「アスペルガー 子ども 療育」でも触れてある通り、
まずは幼稚園や保育園に相談した上で、教諭に理解を求めることから始めましょう。

 

家で、適切な対応をとれていても、幼稚園や保育園は他人と接する場であり、
社会生活を営む上で経験を積まなければいけない場でもあります。
ここで、しっかり社会生活を学ばないと成長してから、
より苦しむことに繋がってしまうのです。

 

そのために、家庭でもきちんとルールを決めておきましょう。
そしてそのルールを幼稚園や保育園でも反映させる必要があります
(その際にはジェスチャーやイラストを使う必要があります)。

スポンサーリンク

それなので、両親と担当教諭とのコミュニケーション(情報共有)は不可欠となります。
家で「こう教えている」、保育園では「こう指導している」ということを、
正しく互いに理解できるよう努めましょう。

 

その他の連携も大切!

 

幼稚園や保育園だけではありません。
幼児とはいっても、家族だけでなく、
様々な社会の一員であることには変わりありません。

 

これも「アスペルガー 子ども 療育」でお話したように、
近隣の人、地域社会にも理解を求めましょう。

 

繰り返すようですが、この病気の治療法は見つかっていません。
ただ、地域社会と周囲の理解があるのと無いのとでは、
苦痛(ストレス)が大きく異なります。

 

患者の苦痛を少しでも和らげてあげるためにも、両親だけでなく、
地域ぐるみで幼児の成長を見守り、療育する必要があるのです。

 

最初の一歩を踏み出すのは勇気が必要なことですが、
その一歩がアスペルガー症候群の患者にとっては、
とても大きな一歩になることを忘れないでください。

スポンサーリンク