アスペルガーの女性の職場とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アスペルガーの女性の職場」についてお話します。

 

アスペルガー症候群の人が職場にいるときの対応

 

アスペルガー症候群の人は
ある分野の仕事には高い能力を
発揮できることがあります。

 

このことは別項の、
アスペルガー 仕事 向いている
でもご紹介しました。

 

一方、仕事には向いていても、
職場での人間関係など仕事以外のことが

 

上手くいかずに離職してしまう人が
80%以上いると言われています。

 

アスペルガーの女性の職場とは?

 

特に女性は、グループでとる昼食が
苦痛でたまらないなど、仕事は好きでも、
会社に行くことが出来なくなってしまう人がいます。

 

仕事が長続きしない原因は、
アスペルガー症候群である本人にも要因があるのですが、

 

発達障害に対する世間一般の理解が進んでいないことも、
その原因の1つと言えます。

 

アスペルガー症候群は
見た目では全く分からない障害です。

 

知的・言語的に健常者と変わらない、
もしくは、優れている人が多く、

 

浅い付き合いでは全くと言っていいほど
判別がつかないでしょう。

 

しかし、アスペルガー症候群の人たちは
障害から現れる症状が、社会的な生活を
妨げてしまうことがあります。

スポンサーリンク

その障害となる特徴を社会はしっかりと把握し、
障害とならないような対策を
取らなくてはならないのかもしれません。

 

たとえば、職場での対応は重要なものとなります。

 

アスペルガー症候群の人は、
複数のことを同時に進めることが出来ません。

 

しかし、しっかりとした指示があれば、
指示通りにきっちりと仕事を仕上げることが出来ます。

 

また、スケジュール管理が出来ない傾向が強いため、
視覚的にわかる形で一日の予定を
示すことをお勧めします。

 

会話が出来るように感じますが、
実は話し相手の言葉は全く耳に

 

入っていないことが多いのも
アスペルガー症候群の人の特徴の1つです。

 

そのため、仕事の指示は口頭ではなく、
メモを渡すと良いでしょう。

 

アスペルガー症候群の人が
職場を見つけるときのポイント

 

アスペルガー症候群の人は
自分の特性をよく知ることから始めましょう。

 

また、就労支援サービスなどを積極的に利用して、
自分に合った職場を見つけることが大切です。

 

自分に合った仕事を見つけるジョブマッチングは
今後、とても重要なサービスになるでしょう。

 

ジョブマッチングで適切な職場を見つけられ、
仕事が長続きする人が増えれば、

 

発達障害者への理解も徐々に広がり、
人材活用の1つの枠組みと
なることは間違いありません。

スポンサーリンク